マラウイについて

国旗の由来

国旗は1964年の独立に伴い制定されたもので、2010年に一度変更されたものの、2012年に再び復活しています。黒、赤、緑の配色はジャマイカ人のマーカス・ガーヴェイという運動家が1914年に設立した世界黒人開発協会(UNIA)の組織旗からとられたもので、他には南スーダンやケニアもこの配色を国旗に採り入れています。一般的に汎アフリカ色というと、アフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピアの国旗からとられた緑、黄、赤を指しますが、UNIAの三色はどちらかというとアフリカのみならず世界中の黒人解放運動のシンボルと認識されています。同時にそれぞれの配色にも意味付けが成されており、赤は独立のために流された血、黒はアフリカ人、緑は豊かな自然を表します。また、上部に描かれた日の出はマラウイとアフリカの希望、そして夜明けを象徴します。マラウイの独立当時、アフリカ各地は新国家としての産声を上げたばかりで、将来への希望に満ちていました。そうした状況を反映したマラウイ国旗には、意匠全体でアフリカの団結を呼びかける意味合いもあったといいます。

国旗の特徴

黒、赤、緑の配色はジャマイカ人のマーカス・ガーヴェイという運動家が1914年に設立した世界黒人開発協会(UNIA)の組織旗からとられたもので、他には南スーダンやケニアもこの配色を国旗に採り入れています。一般的に汎アフリカ色というと、アフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピアの国旗からとられた緑、黄、赤を指しますが、UNIAの三色はどちらかというとアフリカのみならず世界中の黒人解放運動のシンボルと認識されています。同時にそれぞれの配色にも意味付けが成されており、赤は独立のために流された血、黒はアフリカ人、緑は豊かな自然を表します。また、上部に描かれた日の出はマラウイとアフリカの希望、そして夜明けを象徴します。国旗は1964年の独立に伴い制定されたもので、2010年に一度変更されたものの、2012年に再び復活しています。マラウイの独立当時、アフリカ各地は新国家としての産声を上げたばかりで、将来への希望に満ちていました。そうした状況を反映したマラウイ国旗には、意匠全体でアフリカの団結を呼びかける意味合いもあったといいます。

国旗の色の意味

黒、赤、緑の配色はジャマイカ人のマーカス・ガーヴェイという運動家が1914年に設立した世界黒人開発協会(UNIA)の組織旗からとられたもので、他には南スーダンやケニアもこの配色を国旗に採り入れています。一般的に汎アフリカ色というと、アフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピアの国旗からとられた緑、黄、赤を指しますが、UNIAの三色はどちらかというとアフリカのみならず世界中の黒人解放運動のシンボルと認識されています。同時にそれぞれの配色にも意味付けが成されており、赤は独立のために流された血、黒はアフリカ人、緑は豊かな自然を表します。

Translate »