アンゴラについて

国旗の由来

争いや混沌がふりかかる立場でアンゴラと深い因果関係にあった旧ソ連との結びつきを強調した国旗と呼ばれていることもあり、その理由はアンゴラ解放人民運動という党にとされています。アンゴラがポルトガルの植民地支配からの解放を求めて独立戦争を行った時に主体となった組織がアンゴラ解放人民運動という党をさします。その折、アンゴラ共和国がポルトガルから独立した際、アンゴラ解放人民運動の党旗を基に今の国旗の図案が制定されたといわれております。 国旗は制定されてから変わらず、それまでに数々の争いが繰り広げられてきました。 アンゴラが争いの歴史の国といわれる所以、その発端とされているのが奴隷交易とよばれるものです。奴隷交易は18世紀、ベルリン会議が開催されるまで続きました。ポルトガルは、ベルリン会議で合意されたアフリカの分割により、アンゴラ全土の占領と統治のために長い戦いを強いられることになりました。また、1910年の王政の廃止と国際状況の変化は、ポルトガルに新たな変革を迫りました。植民地も国の一部であるとする国家のもと、アンゴラはポルトガルの州(海外州)となります。とはいえ、今日のアンゴラにあたる土地の最終的な境界線と実効支配とは、1921年になるまで達成されませんでした。 当時、アンゴラにおける状況は、外見上は穏やかなものでした。しかし、20世紀半ばになると、最初の民族主義運動が生まれ、この平穏な在り方が問われることになります。1950年代以降は、さらに旗色を明確にした政治団体が結成され、その叫びを組織的に響かせるようになりました。世界中で外交的キャンペーンを行い、アンゴラの独立を求めて闘ったのです。しかし、宗主国は民族主義運動からの要請に譲ることはなく、1961年2月4日に「民族解放闘争」と呼ばれる直接の武力紛争が勃発しました。この武力紛争には主に、MPLA(アンゴラ解放人民運動)、FNLA(アンゴラ国民解放戦線)、そしてUNITA(アンゴラ全面独立民族同盟)の三つの民族主義組織が参入していました。長い年月に及ぶ闘争の後に、アンゴラは1975年11月11日に独立を達成しました。

国旗の特徴

アンゴラは、日本からはるか遠くアフリカの南西部に位置する「とても内戦が続いているおっかなそうなところ」というイメージのある国です。南側にナミビア、北側にコンゴ民主共和国、東側にザンビアと、3つの国境があり、西側は大西洋に面しています。コンゴ民主共和国を挟んだあたりにもアンゴラの領土があります。かつてはポルトガルの植民地であったことから、アンゴラの公用語はポルトガル語となっています。 アンゴラの国旗のデザインや特徴は、赤と黒で2分割されたデザインが、いかにもアフリカらしい、どこか危険な香りがする仕様になっております。赤はかつての独立闘争で流されたとされる血を意味し、黒は国土、そしてアフリカ大陸を意味しており、黄色は国の富の象徴としてのカラーリングで富そのものを表現しているとされております。。 その富の象徴でもある、国旗の中央に描かれているのは、黄色の歯車、ナタ、星といったものたちです。歯車は回転、つまり労働者と工業生産を、ナタはそのままに農民と農業生産を意味し、そしてもうひとつ武力闘争をあらわすとされており、星は国際的な団結と進歩の省庁として描かれています。星はかつて社会主義の象徴とされていて、かつてのソビエト連邦、中国、キューバの国旗などには星が描かれていますが、米ソ冷戦終結ともにアンゴラは社会主義路線を放棄しています。 アフリカにある国というイメージが想起しやすいデザインとカラーリングです。

国旗の色の意味

アンゴラ共和国の国旗は1975年、独立宣言時に定められました。背景は二色の横帯から成り、上部の帯は赤色で、下部の帯は黒色です。それぞれは、以下の事柄を象徴しています。 真紅色は、植民地の圧政下、独立戦争、祖国防衛において流されたアンゴラ人の血を意味するとされています。 黒色は国の国土とアフリカ大陸をあらわしています。 中央には、労働者と工業生産のシンボルである歯車の一部、農民と農業生産と武装闘争の象徴である刀、そして国の豊かさを表す星が描かれています。 富の象徴でもある黄色の歯車、ナタ、星といったものたちは歯車は回転、つまり労働者と工業生産を、ナタはそのままに農民と農業生産を意味し、そしてもうひとつ武力闘争をあらわすとされており、星は国際的な団結と進歩の省庁として描かれています。 黄色、すなわちゴールド、金というわけです。

Translate »