ベナンについて

国旗の由来

ベナン国旗は自治共和国成立翌年の1959年に制定されたもので、正式な独立を達成した後も引き続き用いられました。ケレク政権下の1975年に一度廃止されましたが、1990年の民主化を受けて復活しています。緑、黄、赤の三色は「アフリカ最古の独立国」と呼ばれるエチオピア国旗に範をとった汎アフリカ色であり、緑は南部の森林と希望を、黄は北部のサバンナと国の富を、赤は独立のために流された血と勇気を象徴します。配色は異なるものの、同じアフリカ連合(AU)の一員であるマダガスカルの国旗と非常に似た意匠となっています。

国旗の特徴

ラスタカラーがとても印象的に配されている国旗です。ベナン国旗は自治共和国成立翌年の1959年に制定されたもので、正式な独立を達成した後も引き続き用いられました。ケレク政権下の1975年に一度廃止されましたが、1990年の民主化を受けて復活しています。緑、黄、赤の三色は「アフリカ最古の独立国」と呼ばれるエチオピア国旗に範をとった汎アフリカ色であり、緑は南部の森林と希望を、黄は北部のサバンナと国の富を、赤は独立のために流された血と勇気を象徴します。配色は異なるものの、同じアフリカ連合(AU)の一員であるマダガスカルの国旗と非常に似た意匠となっています。

国旗の色の意味

緑、黄、赤の三色は「アフリカ最古の独立国」と呼ばれるエチオピア国旗に範をとった汎アフリカ色であり、緑は南部の森林と希望を、黄は北部のサバンナと国の富を、赤は独立のために流された血と勇気を象徴します。

Translate »