ブルキナファソについて

国旗の由来

国旗は社会主義革命の翌年に当たる1984年、国名がオートヴォルタからブルキナファソと改められると同時に制定されたものです。赤、緑、黄の三色はアフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピア国旗に範をとった汎アフリカ色で、全体でアフリカ諸国の連帯を表すほか、国旗の上半分を占める赤は革命の理念である社会主義を、下半分の緑は国の主要産業である農業と豊かな作物を、中央の黄色い星は革命を導く光明を表します。1987年のサンカラ政権崩壊、およびコンパオレ政権下の1990年に発表された一連の民主化政策によって社会主義国ではなくなりましたが、国旗はサンカラの理念が詰まった革命当時のものが使われ続けています。

国旗の特徴

国旗は社会主義革命の翌年に当たる1984年、国名がオートヴォルタからブルキナファソと改められると同時に制定されたものです。赤、緑、黄の三色はアフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピア国旗に範をとった汎アフリカ色で、全体でアフリカ諸国の連帯を表すほか、国旗の上半分を占める赤は革命の理念である社会主義を、下半分の緑は国の主要産業である農業と豊かな作物を、中央の黄色い星は革命を導く光明を表します。1987年のサンカラ政権崩壊、およびコンパオレ政権下の1990年に発表された一連の民主化政策によって社会主義国ではなくなりましたが、国旗はサンカラの理念が詰まった革命当時のものが使われ続けています。

国旗の色の意味

赤、緑、黄の三色はアフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピア国旗に範をとった汎アフリカ色で、全体でアフリカ諸国の連帯を表すほか、国旗の上半分を占める赤は革命の理念である社会主義を、下半分の緑は国の主要産業である農業と豊かな作物を、中央の黄色い星は革命を導く光明を表します。

Translate »