チャドについて

国旗の由来

チャドはフランスをモデルにして国旗を作ったといわれています。 国旗を作ったばかりのときに、偶然ルーマニアと色が同じになっってしまったという説がおおくみられます。チャドの国旗には紋章などが無かったので別に問題はありませんでした。ということになっています。 チャドの国旗の配色の意味として、青は空・希望・農業と国の南部をあらわしています。 黄は太陽・北部にある砂漠地帯をあらわしており、赤は進歩・統一と国民の自己犠牲の精神をあらわしています。

国旗の特徴

色の三原色、赤と青と黄色の配色で横並びに均等にデザインされているチャドの国旗。 そう、ルーマニアと見まがうデザインが特徴です。そして日本の創価学会と同じカラーパターンです。 デザインとしては一番多く見られるといってもいいほどの三色横並びデザインですが、やはり色の三原色の発色のインパクト、日本の信号機のような配色が印象的です。

国旗の色の意味

チャドの国旗の配色の意味として、青は空・希望・農業と国の南部をあらわしています。 黄は太陽・北部にある砂漠地帯をあらわしており、赤は進歩・統一と国民の自己犠牲の精神をあらわしています。

Translate »