赤道ギニアについて

国旗の由来

マシアス・ンゲマ初代大統領のもとで1973年に制定された初代国旗は、中央の国章がカポックの木をモチーフとしたものから、2種類の伝統的な武器を交差させ、上部にニワトリを置いたものに変更されました。下部の帯には現国章に見られる「統一、平和、正義」に加え、その上に「労働」と書かれた帯が追加されています。1979年にマシアス・ンゲマ政権が崩壊したのに伴い、独立当初の国旗が復活。赤道ギニアの国旗は1968年の独立と同時に制定されました。青い三角形は島嶼部と大陸部の領土を隔てるギニア湾を、緑は伝統産業である農業を、白は国家の平和を、赤は独立のために流された血を象徴します。中央の国章は、赤道ギニアで神の木として称えられるカポック(パンヤ)の木、大陸部および5つの主要島嶼を表す6つの星で構成されており、下部のリボンには国の第一公用語であるスペイン語で「統一、平和、正義」という国の標語が書かれています。国章は初代大統領マシアス・ンゲマにより1973年に変更されましたが、同政権が打倒された1979年に元に戻されています。

国旗の特徴

赤道ギニアの国旗は1968年の独立と同時に制定されました。青い三角形は島嶼部と大陸部の領土を隔てるギニア湾を、緑は伝統産業である農業を、白は国家の平和を、赤は独立のために流された血を象徴します。中央の国章は、赤道ギニアで神の木として称えられるカポック(パンヤ)の木、大陸部および5つの主要島嶼を表す6つの星で構成されており、下部のリボンには国の第一公用語であるスペイン語で「統一、平和、正義」という国の標語が書かれています。国章は初代大統領マシアス・ンゲマにより1973年に変更されましたが、同政権が打倒された1979年に元に戻されています。

国旗の色の意味

青い三角形は島嶼部と大陸部の領土を隔てるギニア湾を、緑は伝統産業である農業を、白は国家の平和を、赤は独立のために流された血を象徴します。中央の国章は、赤道ギニアで神の木として称えられるカポック(パンヤ)の木、大陸部および5つの主要島嶼を表す6つの星で構成されており、下部のリボンには国の第一公用語であるスペイン語で「統一、平和、正義」という国の標語が書かれています。

Translate »