エリトリアについて

国旗の特徴

エリトリアの国旗には、独立戦争を主導したEPLFの組織旗をモチーフとした旗が採用されました。緑は農産物の恵みとそれをもたらす国土、赤は独立のために流された血、青はエリトリアが面する紅海を表します。赤はホイスト側からフライ側にかけて徐々に細くなっていきますが、これには流血がいずれなくなってほしいという願いが込められています。赤の部分にあるオリーブの標章は、かつてエチオピアと連邦を組んでいた時代に使われた地域旗からとられたものであり、独立の獲得と未来への展望を表します。1993年の制定当時の縦横比は2対3でしたが、1995年に1対2へと変更されました。ちなみにEPLFの組織旗は、オリーブの標章が黄色い五芒星になったものです。EPLFは1994年に民主正義人民戦線(PFDJ)と改称して政党となり、今も一党制のもとでエリトリアを統治しています。

国旗の色の意味

緑は農産物の恵みとそれをもたらす国土、赤は独立のために流された血、青はエリトリアが面する紅海を表します。赤はホイスト側からフライ側にかけて徐々に細くなっていきますが、これには流血がいずれなくなってほしいという願いが込められています。赤の部分にあるオリーブの標章は、かつてエチオピアと連邦を組んでいた時代に使われた地域旗からとられたものであり、独立の獲得と未来への展望を表します。

Translate »