ガボンについて

国旗の由来

1960年の独立に伴い制定されたガボン国旗には、国の位置と豊かな自然が反映されており、緑は森林、黄色(金色)は赤道と太陽、そして天然資源、紫に近い青は大西洋と河川を象徴します。一説には、20世紀初頭にこの地のランバレネで医療・伝道活動を行ったドイツ人医師アルベルト・シュヴァイツァー博士の著書『水と原生林のはざまで』が、デザイン考案の上で少なからず影響を与えたといい、ランバレネでは今でも彼が建てた病院が引き続き稼働しているとのこと。また、法律で定められた公式の縦横比は正方形に近い3対4ですが、旗の国際的なスタンダードとされる2対3もよく使われるようです。

国旗の特徴

オーソドックスなデザインといえる縦に戦列三色配置の国旗です。 1960年の独立に伴い制定されたガボン国旗には、国の位置と豊かな自然が反映されており、緑は森林、黄色(金色)は赤道と太陽、そして天然資源、紫に近い青は大西洋と河川を象徴します。一説には、20世紀初頭にこの地のランバレネで医療・伝道活動を行ったドイツ人医師アルベルト・シュヴァイツァー博士の著書『水と原生林のはざまで』が、デザイン考案の上で少なからず影響を与えたといい、ランバレネでは今でも彼が建てた病院が引き続き稼働しているとのこと。また、法律で定められた公式の縦横比は正方形に近い3対4ですが、旗の国際的なスタンダードとされる2対3もよく使われるようです。

国旗の色の意味

緑は森林、黄色(金色)は赤道と太陽、そして天然資源、紫に近い青は大西洋と河川を象徴します。一説には、20世紀初頭にこの地のランバレネで医療・伝道活動を行ったドイツ人医師アルベルト・シュヴァイツァー博士の著書『水と原生林のはざまで』が、デザイン考案の上で少なからず影響を与えたといい、ランバレネでは今でも彼が建てた病院が引き続き稼働しているとのこと。

Translate »