ナミビアについて

国旗の由来

1990年の独立と同時に制定された国旗は、アパルトヘイト廃止後の南アフリカ国旗を作成したことでも知られる旗章学者フレデリック・ブラウンウェルがデザインしたもので、独立闘争を主導したSWAPOの党旗(更には党の支持基盤であるオヴァンボ族の民族旗)に使われる青、赤、緑の配色を用いたものとなっています。青は大西洋と貴重な水資源を、赤は独立のために流された血を、緑は豊かな国土を表し、間に挟まれた白は平和と繁栄をそれぞれ表しています。カントン部には黄(金色)の太陽が配されていますが、これは国民の活力を表すと同時に、12本の光線によってナミビアの主要12部族を象徴しています。

国旗の特徴

1990年の独立と同時に制定された国旗は、アパルトヘイト廃止後の南アフリカ国旗を作成したことでも知られる旗章学者フレデリック・ブラウンウェルがデザインしたもので、独立闘争を主導したSWAPOの党旗(更には党の支持基盤であるオヴァンボ族の民族旗)に使われる青、赤、緑の配色を用いたものとなっています。青は大西洋と貴重な水資源を、赤は独立のために流された血を、緑は豊かな国土を表し、間に挟まれた白は平和と繁栄をそれぞれ表しています。カントン部には黄(金色)の太陽が配されていますが、これは国民の活力を表すと同時に、12本の光線によってナミビアの主要12部族を象徴しています。なお、SWAPOは独立から2005年の英雄ヌジョマの引退を経て、2014年現在に至るまで、独立闘争の中核組織だったという圧倒的な知名度を生かし、一貫して政権の座を維持し続けています。

国旗の色の意味

ナミビアの国旗は青、赤、緑の配色を用いたものとなっています。青は大西洋と貴重な水資源を、赤は独立のために流された血を、緑は豊かな国土を表し、間に挟まれた白は平和と繁栄をそれぞれ表しています。カントン部には黄(金色)の太陽が配されていますが、これは国民の活力を表すと同時に、12本の光線によってナミビアの主要12部族を象徴しています。

Translate »