ニジェールについて

国旗の由来

独立2年前の1958年、ニジェールは自治権を獲得。翌1959年には現在の国旗を制定しました。インドの国旗とよく似ているものの、国旗の作成に当たって参考にしたわけではなく、特に関連性はありません。また、縦横比は伝統的に6対7とかなり正方形に近い旗ものが使用されていたようですが、実は縦横比は法律等で正式に定められてはおらず、近年のニジェール政府の公文書や大使館で掲げられる国旗には採用されていません(国際的なスタンダードとされる2対3が最も広く用いられています)。

国旗の特徴

インドの国旗とよく似ているものの、国旗の作成に当たって参考にしたわけではなく、特に関連性はありません。また、縦横比は伝統的に6対7とかなり正方形に近い旗ものが使用されていたようですが、実は縦横比は法律等で正式に定められてはおらず、近年のニジェール政府の公文書や大使館で掲げられる国旗には採用されていません(国際的なスタンダードとされる2対3が最も広く用いられています)。 独立2年前の1958年、ニジェールは自治権を獲得。翌1959年には現在の国旗を制定しました。オレンジは北部の砂漠と独立、白は平和と純潔、そして西アフリカの大河ニジェール川、緑は南部のサヘル地帯と農業を表します。中央の円は太陽の象徴であり、主権と自由を防衛する国民の決意を示しています。

国旗の色の意味

オレンジは北部の砂漠と独立、白は平和と純潔、そして西アフリカの大河ニジェール川、緑は南部のサヘル地帯と農業を表します。中央の円は太陽の象徴であり、主権と自由を防衛する国民の決意を示しています。

Translate »