ルワンダについて

国旗の由来

1962年ルワンダは独立を達成し、2001年まで旧国旗を掲げていました。赤、黄、緑の三色は汎アフリカ色ですが、実はこの三色旗は王政時代から既に用いられており、共和制移行に伴い中央にアルファベットのRが追加されました。 赤は独立のために流された血、黄は自由と平穏、緑は希望と信頼を表します。共和制移行により追加された中央のRは、「Rwanda(ルワンダ)はRévolution(革命)後のRéférendum(国民投票)を経て成立したRépublique(共和国)である」という建国の経緯を当時の公用語であるフランス語で表記した際、重要な4語が全てRを頭文字とすることに由来します。 その後、それまでの国旗に存在した赤が排除されています。これは赤が血を表し、内戦を想起させることが理由であり、内戦後のルワンダが平和的に国家建設を行うという決意を象徴しています。配色は青が幸福と平和、黄が国家の発展、緑が繁栄を表します。フライ側上部に置かれた太陽は、国民の団結と啓蒙を象徴しています。

国旗の特徴

水色緑黄色の珍しい配色で、等分の感覚も変わっています。独創的なデザインといえます。 現国旗は2001年に新調されたもので、それまでの国旗に存在した赤が排除されています。これは赤が血を表し、内戦を想起させることが理由であり、内戦後のルワンダが平和的に国家建設を行うという決意を象徴しています。配色は青が幸福と平和、黄が国家の発展、緑が繁栄を表します。フライ側上部に置かれた太陽は、国民の団結と啓蒙を象徴しています。

国旗の色の意味

青色は青空と希望を、黄色は平和と協調を、緑色は豊かな農業と繁栄を象徴し、右上に輝く太陽は、国民の団結と未来への明るい展望を表しています。

Translate »