南スーダンについて

国旗の由来

南スーダンの国旗は自治政府時代の2005年に制定されたものですが、もとは南部独立を掲げて内戦を主導してきたスーダン人民解放運動(SPLM)の党旗として使われていた旗でした。黒は南スーダンの住民の大半を占める黒人を、白は平和を、赤は独立のために流された血を、緑は国土を、青はナイル川を表します。青い三角形の中にある金(黄)色の星は新約聖書の『マタイ伝』に登場するベツレヘムの星であり、南スーダン国民の統一を象徴します。黒人国家かつ地理的に近いという共通項があるせいか、南東部で国境を接するケニアの国旗と配色が似ています。

国旗の特徴

南スーダンの国旗は自治政府時代の2005年に制定されたものですが、もとは南部独立を掲げて内戦を主導してきたスーダン人民解放運動(SPLM)の党旗として使われていた旗でした。黒は南スーダンの住民の大半を占める黒人を、白は平和を、赤は独立のために流された血を、緑は国土を、青はナイル川を表します。青い三角形の中にある金(黄)色の星は新約聖書の『マタイ伝』に登場するベツレヘムの星であり、南スーダン国民の統一を象徴します。黒人国家かつ地理的に近いという共通項があるせいか、南東部で国境を接するケニアの国旗と配色が似ています。

国旗の色の意味

黒は南スーダンの住民の大半を占める黒人を、白は平和を、赤は独立のために流された血を、緑は国土を、青はナイル川を表します。青い三角形の中にある金(黄)色の星は新約聖書の『マタイ伝』に登場するベツレヘムの星であり、南スーダン国民の統一を象徴します。黒人国家かつ地理的に近いという共通項があるせいか、南東部で国境を接するケニアの国旗と配色が似ています。

Translate »