ザンビアについて

国旗の由来

1964年の独立時に制定された国旗は、緑がザンビアの豊かな自然と農業を、赤は独立のために流された血を、黒は国民の大半を占める黒人を、オレンジは前述のようにこの国が銅の主要な生産国であることを示しています。フライ側に意匠を集中させた珍しい国旗であり、赤、黒、オレンジの三色の上には力の象徴である国鳥サンショクウミワシが配されています。1996年にはそれまで暗い緑だった地色が明るい緑に変更され、現在に至ります。

国旗の特徴

1964年の独立時に制定された国旗は、緑がザンビアの豊かな自然と農業を、赤は独立のために流された血を、黒は国民の大半を占める黒人を、オレンジは前述のようにこの国が銅の主要な生産国であることを示しています。フライ側に意匠を集中させた珍しい国旗であり、赤、黒、オレンジの三色の上には力の象徴である国鳥サンショクウミワシが配されています。1996年にはそれまで暗い緑だった地色が明るい緑に変更され、現在に至ります。ちなみにザンビアの独立は1964年の10月24日ですが、この日は折しも東京五輪の閉会式が行われた日です。この国の選手団は東京五輪でオリンピック初参加を果たしていましたが、開会式や競技期間の時点ではまだ正式な独立には至っていなかったため、北ローデシアという名前と植民地旗を掲げていました。一方、独立記念日をむかえた閉会式は、五輪の締めくくりが行われていた東京国立競技場の中で、制定されたばかりの真新しい国旗が初めて国際社会にお披露目され、北ローデシアではなくザンビアという呼称がコールされることとなり、新生国家の独立を世界中に知らせる絶好の舞台となりました。閉会式でザンビアの新国旗を掲げていた選手団員は、同じく閉会式に参加していた各国の選手にこぞって肩車をされ、観衆も割れんばかりの拍手を送り、当時の会場は祝福ムードに包まれたといいます。

国旗の色の意味

緑がザンビアの豊かな自然と農業を、赤は独立のために流された血を、黒は国民の大半を占める黒人を、オレンジは前述のようにこの国が銅の主要な生産国であることを示しています。

Translate »