バハマについて

国旗の由来

国旗は1973年の独立と同時に制定されたもので、黒はバハマ国民のほとんどを占める黒人の活力と団結を、青はカリブ海と大西洋を、黄は輝く砂浜を持つ国土と太陽を表します。黒が三角形で表されていますが、これは海と陸という2つの豊かな地勢を国民が開発するという決意を象徴するものです。なお、バハマはリベリア、パナマ、マーシャル諸島に次ぐ世界第4位の便宜置籍船(注1)保有国であり、書類上は世界屈指の船舶稼働国のため、世界中の船でこの旗が見られます。

国旗の特徴

カラーリングがあまり他に類を見ない様相です。国旗は1973年の独立と同時に制定されたもので、黒はバハマ国民のほとんどを占める黒人の活力と団結を、青はカリブ海と大西洋を、黄は輝く砂浜を持つ国土と太陽を表します。黒が三角形で表されていますが、これは海と陸という2つの豊かな地勢を国民が開発するという決意を象徴するものです。なお、バハマはリベリア、パナマ、マーシャル諸島に次ぐ世界第4位の便宜置籍船(注1)保有国であり、書類上は世界屈指の船舶稼働国のため、世界中の船でこの旗が見られます。

国旗の色の意味

黒はバハマ国民のほとんどを占める黒人の活力と団結を、青はカリブ海と大西洋を、黄は輝く砂浜を持つ国土と太陽を表します。黒が三角形で表されていますが、これは海と陸という2つの豊かな地勢を国民が開発するという決意を象徴するものです。

Translate »