ベリーズについて

国旗の特徴

メインカラーといえる青と赤は独立前から二大政党としてベリーズ政治を主導してきた人民統一党(青)と統一民主党(赤)を象徴します。中央の国章に描かれた2人の男性は、左が先住民と白人の混血であるメスティーソ、右が黒人の白人の混血であるムラート(クレオールとも)というベリーズの主要民族集団を表し、両者が共同で国家建設に当たる決意を象徴しています。その二人が支えるのは、国の主要産業である林業(ノコギリや斧)と漁業(船)のシンボルが描かれた盾と、生い茂る熱帯雨林を示すマホガニーの木です。盾の下のリボンには初期入植者の困難を表す「繁栄は木陰にあり」という国の標語がラテン語で書かれ、これらの全ての意匠の周囲を50枚の月桂樹の葉が囲んでいます。この50とは、独立運動が1950年より始まったことに由来します。 国旗の原型は独立運動が始まった1950年に出来上がっており、独立と同時に上下に赤い帯を追加して国旗としました。

国旗の色の意味

青と赤は独立前から二大政党としてベリーズ政治を主導してきた人民統一党(青)と統一民主党(赤)を象徴します。中央の国章に描かれた2人の男性は、左が先住民と白人の混血であるメスティーソ、右が黒人の白人の混血であるムラート(クレオールとも)というベリーズの主要民族集団を表し、両者が共同で国家建設に当たる決意を象徴しています。

Translate »