グレナダについて

国旗の由来

1974年の独立に伴い制定されたグレナダの国旗は、旗の周囲を特定の色で縁取りした独特な意匠で知られます。このような意匠を旗章学用語ではボーダーと呼び、グレナダの他にはモンテネグロが採用しています。国民の大半がアフリカ系黒人であることから、配色にはエチオピア国旗に範を取った汎アフリカ色(赤、黄、緑)が採用されており、赤は勇気と統一、黄は国土と輝く太陽、緑は肥沃な土壌と農業を表します。中央部に1つ、上部に3つ、下部に3つ、合計7つの星がありますが、これはグレナダを構成する7つの行政区分を象徴し、特に中央の星は首都セントジョージズを表すとのこと。国旗のホイスト部に描かれた植物の実は前述のナツメグで、グレナダがいかにこの特産品に誇りを持っているかがうかがい知れます。

国旗の特徴

ラスタカラーで独創的なデザインが印象的です。1974年の独立に伴い制定されたグレナダの国旗は、旗の周囲を特定の色で縁取りした独特な意匠で知られます。このような意匠を旗章学用語ではボーダーと呼び、グレナダの他にはモンテネグロが採用しています。国民の大半がアフリカ系黒人であることから、配色にはエチオピア国旗に範を取った汎アフリカ色(赤、黄、緑)が採用されており、赤は勇気と統一、黄は国土と輝く太陽、緑は肥沃な土壌と農業を表します。中央部に1つ、上部に3つ、下部に3つ、合計7つの星がありますが、これはグレナダを構成する7つの行政区分を象徴し、特に中央の星は首都セントジョージズを表すとのこと。国旗のホイスト部に描かれた植物の実は前述のナツメグで、グレナダがいかにこの特産品に誇りを持っているかがうかがい知れます。

国旗の色の意味

配色にはエチオピア国旗に範を取った汎アフリカ色(赤、黄、緑)が採用されており、赤は勇気と統一、黄は国土と輝く太陽、緑は肥沃な土壌と農業を表します。中央部に1つ、上部に3つ、下部に3つ、合計7つの星がありますが、これはグレナダを構成する7つの行政区分を象徴し、特に中央の星は首都セントジョージズを表すとのこと。

Translate »