ハイチについて

国旗の由来

1957年に大統領に就任したフランソワ・デュヴァリエは、秘密警察「国家治安義勇隊(通称、トントン・マクート)」を用いた強権支配によりハイチを独裁的に支配し、個人崇拝を推し進めました。その政策の一環として1964年に国旗を変更。青と赤が用いられてきたハイチ国旗の青を黒に変更し、横二分割だったデザインを縦二分割に変えています。 この黒と赤、そして縦二分割のデザインは、1804-1806年のハイチ帝国時代、そして1811-1820年のハイチ王国時代に用いられていた意匠です。正式に王制へ移行することこそ無かったものの、そうした旗を復活させることにより、デュヴァリエは自らを共和国の大統領ではなく王国の君主として位置付けていたのでしょう。これは彼の死後に大統領の座を若干19歳の放蕩息子ジャン=クロード・デュヴァリエが世襲したことからもうかがえます。 このような支配形態は内外から批判され、1985年に国内各地で反政府暴動が発生。それまで政権を支援してきたアメリカもハイチ国内の反乱が社会主義革命につながることを恐れ、「王朝」のすみやかな終焉による反乱の収束を望むようになり、支援を停止。翌1986年にデュヴァリエ政権は崩壊しました。デュヴァリエ一族はフランスに亡命し、国旗は再び青と赤、つまり現在のデザインに戻されました。

国旗の特徴

黒と赤、そして縦二分割のデザインは、1804-1806年のハイチ帝国時代、そして1811-1820年のハイチ王国時代に用いられていた意匠です。正式に王制へ移行することこそ無かったものの、そうした旗を復活させることにより、デュヴァリエは自らを共和国の大統領ではなく王国の君主として位置付けていたのでしょう。 このような支配形態は内外から批判され、1985年に国内各地で反政府暴動が発生。それまで政権を支援してきたアメリカもハイチ国内の反乱が社会主義革命につながることを恐れ、「王朝」のすみやかな終焉による反乱の収束を望むようになり、支援を停止。翌1986年にデュヴァリエ政権は崩壊しました。デュヴァリエ一族はフランスに亡命し、国旗は再び青と赤、つまり現在のデザインに戻されました。

国旗の色の意味

青と赤の2色は、黒人とムラート(黒人と白人の混血)の2種類の人種を表わします。中央の紋章にはヤシの木と自由の帽子、大砲、弾丸、旗などが描かれており、自由と独立の為の戦いの歴史を象徴しています。下部の文字の意味は「団結は力なり」です。

Translate »