セントルシアについて

国旗の由来

独特なデザインで知られるセントルシアの国旗は、1967年の自治権獲得時に既に作られていました。当時は地色が水色ではなく青で、中央の意匠も一回りほど大きかったのですが、まず独立時に中央の意匠が今と同じサイズになり、次いで2002年には地色も現行の水色に変更されました。地色である水色はカリブ海を、中央の三角形はセントルシア島を象徴します。この三角形は三色で構成されており、黄は太陽と輝く砂浜を、黒はセントルシア国民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を表します。また2つの三角形(黒白と黄)は、双子の活火山として世界遺産にも登録された国内最高峰ピトン山をイメージしています。

国旗の特徴

独特なデザインで知られるセントルシアの国旗は、1967年の自治権獲得時に既に作られていました。当時は地色が水色ではなく青で、中央の意匠も一回りほど大きかったのですが、まず独立時に中央の意匠が今と同じサイズになり、次いで2002年には地色も現行の水色に変更されました。地色である水色はカリブ海を、中央の三角形はセントルシア島を象徴します。この三角形は三色で構成されており、黄は太陽と輝く砂浜を、黒はセントルシア国民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を表します。また2つの三角形(黒白と黄)は、双子の活火山として世界遺産にも登録された国内最高峰ピトン山をイメージしています。

国旗の色の意味

地色である水色はカリブ海を、中央の三角形はセントルシア島を象徴します。この三角形は三色で構成されており、黄は太陽と輝く砂浜を、黒はセントルシア国民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を表します。

Translate »