スリナムについて

国旗の由来

スリナム国旗は1975年の独立と同時に制定されました。緑は熱帯雨林に覆われたスリナムの肥沃な国土および希望、白は平和と正義、赤は進歩、情熱、愛をそれぞれ表します。中央の黄色い星は、スリナムがインド系、アフリカ系、先住民など様々な民族を抱える多民族国家であることから、各民族が団結して国家建設を行い、それによって輝かしい未来を手に入れようという決意を表徴しています。また同時に、緑と赤は独立前から現在に至るまで主要政党として活動しているスリナム国民党(NPS)のシンボルカラーでもあります。

国旗の特徴

ありそうでないデザインといえます。国旗は1975年の独立と同時に制定されました。緑は熱帯雨林に覆われたスリナムの肥沃な国土および希望、白は平和と正義、赤は進歩、情熱、愛をそれぞれ表します。中央の黄色い星は、スリナムがインド系、アフリカ系、先住民など様々な民族を抱える多民族国家であることから、各民族が団結して国家建設を行い、それによって輝かしい未来を手に入れようという決意を表徴しています。また同時に、緑と赤は独立前から現在に至るまで主要政党として活動しているスリナム国民党(NPS)のシンボルカラーでもあります。

国旗の色の意味

緑は熱帯雨林に覆われたスリナムの肥沃な国土および希望、白は平和と正義、赤は進歩、情熱、愛をそれぞれ表します。中央の黄色い星は、スリナムがインド系、アフリカ系、先住民など様々な民族を抱える多民族国家であることから、各民族が団結して国家建設を行い、それによって輝かしい未来を手に入れようという決意を表徴しています。また同時に、緑と赤は独立前から現在に至るまで主要政党として活動しているスリナム国民党(NPS)のシンボルカラーでもあります。

Translate »