ベネズエラ

よく分かる人は少ない言葉で足りる

ベネズエラ・ボリバル共和国

穂瀬(Jose)

CV準備中

誕生日3月12日

身長169

血液型B

趣味ホローポ(ハープ・ダンス)

特技野球

苦手美女

好きな食べ物アイスクリーム

VOICE

準備中

PERSONALITY

ホセ。異名は「カリブの雷神」。

落雷を操る弓技が得意。たまに落雷に失敗して自分も感電することがある。

 

陽気な性格。美人の多い国だが痛い目に遭ったことがあるので、美女が苦手。

ポジティブで「死ななければなんとかなる」くらいに思っている。

 

コロンビアのロドリゲスとはいつも一緒につるんでおり笑顔がたえない。

ロドリゲスの夢であるエルドラドを見つけるために一緒に旅に出ることも。

THREE-VIEW DRAWING

ベネズエラについて

国旗の由来

ベネズエラ国旗の原型を考案したのは独立闘争の英雄フランシスコ・デ・ミランダ将軍です。レジスタンス軍の旗として掲げられました。
もとは黄・青・赤の横3色均等ストライプのみ。次第にデザインの変更が加えられ、現在にいたっております。

国旗の特徴

黄・青・赤の横3色均等ストライプ。
中央青地の真ん中に白い五芒星が8つ、アーチ状に並んでいる。
左上カントンに国章が配置される場合もあります。

国章は
盾の中、左に、”団結”を表す「麦の束」、
右に、”独立”を表す「サーベル」と「国旗」、
下に、”自由”を表す「白馬」が描かれております。

盾の上には”自然の豊かさ”を表す、白い「豊穣の角」と、「とりどりの草花」が、
左にロレールの枝。右にPalmaという植物の葉で添えられ、それを結束する黄・青・赤のリボンには

「1810年4月19日独立革命開始」
「1859年2月10日連邦制開始」
「ベネズエラ共和国」

としたためられております。

国旗の色の意味

「黄」は”国の豊かさ”、あるいは、”祖国愛”を、
「青」は”スペインとベネズエラを隔たらせている水(カリブ海)”、あるいは、”不屈の魂”を、
「赤」は”国民の血と勇気”を、
表しております。

「8つの白い五芒星」は”独立時代の7つの州と、そののちに解放したガイアナ”を、表しております。
「7つ星」に戻された時期もありましたが、2006年以来、「8つ星」に復帰しました。

Translate »