キルギスについて

国旗の由来

中央の独特なデザインの太陽は、40本の光条を放つ太陽の中に、円の中で2組の3本線を交差させたユルト(遊牧民の伝統的なテント式家屋)頂部にある構造 tunduk のデザインとなっております。 祖国や宇宙が象徴されているともいわれております。 シルクロードゆかりの地、キルギスの国旗には内陸のこの地の文化がたっぷり染み込んでいます。真っ赤な下地に燦然と輝く黄色い太陽、とっても情熱的といえます。この赤には勇気の象徴という意味が込められていますが、血気盛んな以前の独裁者のイメージとも重ならなくも無いです。真ん中の太陽、このちょっと不思議な太陽はよく見ると不思議な変形クロスが描かれていますが、これはかつて多くいた遊牧民の象徴となっています。ゲル(彼らの言葉ではユルト)、つまりテントの天井の骨組みにこの形があるのですが、ここから宇宙をイメージするというのも少し難しい気もしますが、そうとのことです。過去に、たったひとりの英雄がたちあがり、果敢にモンゴルに抵抗した結果、40もの部族が統一し独立できたという、それはかなりそうとうな深い意味が込められています。

国旗の特徴

日本のすぐそばにある中国のお隣さんであるキルギスという国。国旗も中国チックといえば中国チックである。親日家が多く、なんと顔まで日本人と煮ていると行く国なのです。真っ赤なベースに、中央に黄色い輝く太陽!!とてもシンプルなデザインといえるキルギスの国旗です。なんと言っても目を引くのが中央の独特なデザインの太陽です。40本の光条を放つ太陽の中に、円の中で2組の3本線を交差させたユルト(遊牧民の伝統的なテント式家屋)頂部にある構造 tunduk のデザインとなっております。 祖国や宇宙が象徴されているともいわれております。

国旗の色の意味

キルギスの国旗は、赤地に黄色の太陽を描いた旗。太陽は40本の光条を放ち、内部には円形のシンボルが描かれる。現行の国旗は、1992年3月3日にキルギス最高評議会(議会)で制定されました。 赤地は勇敢さと勇気を、太陽は平和と豊かさを象徴しています。太陽の中に描かれた、円の中で2組の3本線を交差させたシンボルは、キルギス人など遊牧民の伝統的なテント式家屋(キルギスではユルトと呼ぶ)の頂部にある構造 tunduk (キルギス語: түндүк)を表したもので、祖国や宇宙を象徴しています。

Translate »