タジキスタンについて

国旗の由来

タジキスタンの国旗は独立翌年の1992年に制定されたもので、かつてのペルシア帝国の末裔であるイランの国旗と同様、赤、白、緑の三色旗が使われています。赤は国家の統一と勝利を、白は特産物の綿花と高原の雪を、緑は貴重な平地と農産物を象徴します。中央の紋章は王冠と星を組み合わせたもので、タジクという言葉が冠という言葉に由来するとも、国民の団結を表すとも、諸外国との友好を象徴するとも言われます。7つの星はタジク人にとって縁起の良い数字である7からとられています。

国旗の特徴

タジキスタンの国旗は独立翌年の1992年に制定されたもので、かつてのペルシア帝国の末裔であるイランの国旗と同様、赤、白、緑の三色旗が使われています。赤は国家の統一と勝利を、白は特産物の綿花と高原の雪を、緑は貴重な平地と農産物を象徴します。中央の紋章は王冠と星を組み合わせたもので、タジクという言葉が冠という言葉に由来するとも、国民の団結を表すとも、諸外国との友好を象徴するとも言われます。7つの星はタジク人にとって縁起の良い数字である7からとられています。

国旗の色の意味

タジキスタンの国旗は赤、白、緑の三色旗が使われています。赤は国家の統一と勝利を、白は特産物の綿花と高原の雪を、緑は貴重な平地と農産物を象徴します。中央の紋章は王冠と星を組み合わせたもので、タジクという言葉が冠という言葉に由来するとも、国民の団結を表すとも、諸外国との友好を象徴するとも言われます。

Translate »