トルクメニスタンについて

国旗の由来

イスラム国家であることを示しめす緑色の地と三日月と星を,左側がわには5つの部族の装飾模様の描かれた独特のデザインの絨毯が配されています。

国旗の特徴

中央アジア、カスピ海の東岸に位置するトルクメニスタンの国旗は世界一複雑な国旗として有名とまでいわれているほど特徴があります。トルクメニスタンの国旗の左側に描かれている模様はあまりにも複雑すぎて何がどうなっているかは拡大してみないとわかるづらいほど複雑な模様となっています。フォークロアのファッションのような風情です。 どこの国も真似しづらそうですが、これは絨毯の柄を表しているというから驚きです。 元々、この地域では伝統産業として絨毯が作られていたということもあります。その絨毯を図案化して国旗に取り入れたそうで、あまり他国では取り入れない発想力といっても過言ではないです。ちなみに絨毯の部分に5つの意匠がありますが、これは5つの主要な部族を表しており、月の近くの5つの星は5つの地方を象徴しているということです。

国旗の色の意味

地色の緑はイスラムの聖なる色。グルと呼ばれる装飾文様は伝統産業である絨毯の文様を図案化したもので、この絨毯部分の色には特化した意味はありませんが、5つの文様が代表的な5部族を表しています。

Translate »