モルドバについて

国旗の由来

独立に伴い制定された国旗は、ルーマニアとの結びつきを強調するため、同国国旗と同じ青、黄、赤(過去・現在・未来を象徴)を使用しています。中央の国章は、原牛と呼ばれるオーロックスを描いたかつてのモルダビア公国の紋章と、鷲を使ったワラキア公国(19世紀、両国の統合によりルーマニア成立)の紋章を組み合わせたものです。 民間では中央の国章を省略する場合が多く、ルーマニア国旗と見分けるのはなかなか難しくなります。縦横比は一応1対2とされていますが、しばしばルーマニア国旗と同じ2対3の旗が使用されるため、見分けられるケースは限られてきます。それだけモルドバ国民がルーマニアに抱く一体感が強いということでしょう。

国旗の特徴

独立に伴い制定された国旗は、ルーマニアとの結びつきを強調するため、同国国旗と同じ青、黄、赤(過去・現在・未来を象徴)を使用しています。中央の国章は、原牛と呼ばれるオーロックスを描いたかつてのモルダビア公国の紋章と、鷲を使ったワラキア公国(19世紀、両国の統合によりルーマニア成立)の紋章を組み合わせたものです。 民間では中央の国章を省略する場合が多く、ルーマニア国旗と見分けるのはなかなか難しくなります。縦横比は一応1対2とされていますが、しばしばルーマニア国旗と同じ2対3の旗が使用されるため、見分けられるケースは限られてきます。それだけモルドバ国民がルーマニアに抱く一体感が強いということでしょう。

国旗の色の意味

モルドバの国旗は青、黄、赤(過去・現在・未来を象徴)を使用しています。中央の国章は、原牛と呼ばれるオーロックスを描いたかつてのモルダビア公国の紋章と、鷲を使ったワラキア公国(19世紀、両国の統合によりルーマニア成立)の紋章を組み合わせたものです。

Translate »