バーレーンについて

国旗の特徴

バーレーンの国旗は左右で赤と白に分かれており、旗竿側に白色、旗尾側に赤色が配色されています。赤と白の2色は頂点が5つあるジグザグとした線で分けられており、ノコギリ型のデザインが特徴的です。5つの頂点はイスラム教の五行を表しており、信仰告白・礼拝・断食・喜捨・巡礼の意味が込められています。 1972年の独立直後は国の地区数を表す8つの頂点が国旗に描かれていましたが、2002年に憲法が改正された際に、国旗も現在使われている5つの頂点のデザインに変更されました。 旗の比率は3:5です。

国旗の色の意味

バーレーンの国旗は、赤と白の2色が使われています。赤色は自由や祖国のために流された尊い血を、白色は平和などの意味を表していると言われています。

Translate »