イランについて

国旗の特徴

イランの国旗は上から緑・白・赤が配色された横三色国旗です。緑色と赤色の内側部分には「神は偉大なり」という聖句がアラビア文字で描かれています。聖句は緑色の内側に11回、赤色の内側に11回描かれており、国旗には合計で22回の聖句がデザインされています。 また、国旗の中央には、力と勇気を表す1本の剣・月の進化を表現した4つの三日月・二重の意味を表すW型のアラビア文字を組み合わせた国章が配置されています。 旗の比率は4:7です。

国旗の色の意味

イランの国旗に使用されている色は、緑・白・赤の3色です。緑色はイスラム教を、白色は平和を、赤色は勇気を表現。国旗の中央には赤色で国章が描かれています。 イランの国旗に使われている3色はイラン系民族色とも言われています。

Translate »