クック諸島について

国旗の由来

クック諸島の旗は1979年に制定された2代目のもので、ニュージーランド国旗と同様、イギリスのブルー・エンサインを基調としています。またこの青はクック諸島を囲む太平洋と住民間の平和も象徴します。また、フライ側には15の星が円形に配列されていますが、これはクック諸島を構成する主要な15島を表しています。このうち政庁所在地アヴァルアがあるラロトンガ島は、1985年に締結された南太平洋非核地帯条約(ラロトンガ条約)の調印の場となっており、クック諸島が国際社会で初めてホスト国となった地として知られます。

国旗の特徴

クック諸島の旗は1979年に制定された2代目のもので、ニュージーランド国旗と同様、イギリスのブルー・エンサインを基調としています。またこの青はクック諸島を囲む太平洋と住民間の平和も象徴します。また、フライ側には15の星が円形に配列されていますが、これはクック諸島を構成する主要な15島を表しています。このうち政庁所在地アヴァルアがあるラロトンガ島は、1985年に締結された南太平洋非核地帯条約(ラロトンガ条約)の調印の場となっており、クック諸島が国際社会で初めてホスト国となった地として知られます。

国旗の色の意味

ニュージーランド国旗と同様、イギリスのブルー・エンサインを基調としています。またこの青はクック諸島を囲む太平洋と住民間の平和も象徴します。また、フライ側には15の星が円形に配列されていますが、これはクック諸島を構成する主要な15島を表しています。

Translate »