パプアニューギニアについて

国旗の由来

強く目を引く配色である赤と黒は、いにしえから長きにわたり、パプアニューギニアの民族の由緒正しき伝統色である。さまざまな生活の中で赤と黒はパプアニューギニアのメインカラーである。国旗には、その赤と黒がそのまま採用されている。赤と黒は国民的、民族的な衣装や伝統品や美術品によく使われる色でもある。国民にとって、切手も切り離せない色として国旗に配されている。赤色・黒色に鳥の色である黄色の組み合わせに関してはパプアニューギニアを長きにわたり、1918年まで支配していたドイツ帝国の旗の色が由来とされている。 赤色は燦燦と輝く太陽といきいきとした国民のイメージ。黒も意志の強さという意味も含め国民をあらわしている。赤色部分に乗る鳥はパプアニューギニアの黒鳥であるゴクラクチョウが描かれている。これはパプアニューギニア固有の鳥で、自由、統合、飛躍、という意味のほかにも、富、幸福、親善のシンボルとされている。国民の自由と平和を願う由来となっている。黒色部分に乗る星は、南十字星をあらわしている。この国が南半球にあるということを意味することも含まれており、オーストラリアとの深い関係からゆらいしている。

国旗の特徴

赤と黒のダイナミックな配色と、これもまたダイナミックなズバッと斜めにカットされた2色の配置。強い配色と大胆なデザインは国民の血と思想の強さを想起させてくれる。 黒色に散りばめられた星はとても良いデザインのアクセントにもなっていて、赤色に乗り際立つ黄金の鳥がなんともいえない格好良さと威勢を放つ。

国旗の色の意味

赤と黒が強いインパクトで目を引くパプアニューギニアの国旗。 斜めでの塗り分けも特徴的である。。 配色の赤と黒の意味は、古から長きにわたりパプアニューギニアの民族の由緒正しき伝統色でありそれがそのまま採用されている。赤と黒は国民的、民族的な衣装や伝統品や美術品によく使われる色でもある。赤色・黒色に鳥の色である黄色の組み合わせにかんしてはパプアニューギニアを長年にわたり、1918年まで支配していたドイツ帝国の旗の色からきている。 色の意味としては赤色が燦燦と輝く太陽のイメージ。黒は意志の強さという意味も含め国民をあらわしている。赤色部分に乗る鳥はパプアニューギニアの黒鳥であるゴクラクチョウが描かれている。これはパプアニューギニア固有の鳥で、自由、統合、飛躍、という意味のほかにも、富、幸福、親善のシンボルとされている。黒色部分に乗る星は、南十字星をあらわしている。この国が南半球にあるということを意味することも含まれており、オーストラリアとの深い関係も表している。

Translate »