バヌアツについて

国旗の由来

国旗は独立直前の1980年2月に公募によって制定されました。配色は独立を主導したバヌア・アク党(バヌア・アクは「我らの土地」の意味)の党旗をモチーフとしたもので、赤は人とイノシシの血、太陽、団結を、緑は緑に覆われた島々の豊かな自然を、黒は国民の多数派であるメラネシア人の肌の色を、黄は国の富を象徴します。また、ホイスト側にある意匠は、バヌアツで伝統的に富の象徴とされ、首飾りなどに用いられてきたイノシシの牙と、平和を表す2枚のシダで構成されています。このシダは39枚の葉で構成されていますが、これは独立当時のバヌアツ議会の議席数と一致します(現在は52議席に拡大)。ホイスト側からフライ側に伸びる黄と黒のY字帯は、バヌアツの国土の形を図案化したものであり、同時に国民の大多数が信仰するキリスト教の福音も象徴します。

国旗の特徴

国旗は独立直前の1980年2月に公募によって制定されました。配色は独立を主導したバヌア・アク党(バヌア・アクは「我らの土地」の意味)の党旗をモチーフとしたもので、赤は人とイノシシの血、太陽、団結を、緑は緑に覆われた島々の豊かな自然を、黒は国民の多数派であるメラネシア人の肌の色を、黄は国の富を象徴します。また、ホイスト側にある意匠は、バヌアツで伝統的に富の象徴とされ、首飾りなどに用いられてきたイノシシの牙と、平和を表す2枚のシダで構成されています。このシダは39枚の葉で構成されていますが、これは独立当時のバヌアツ議会の議席数と一致します(現在は52議席に拡大)。ホイスト側からフライ側に伸びる黄と黒のY字帯は、バヌアツの国土の形を図案化したものであり、同時に国民の大多数が信仰するキリスト教の福音も象徴します。

国旗の色の意味

赤は人とイノシシの血、太陽、団結を、緑は緑に覆われた島々の豊かな自然を、黒は国民の多数派であるメラネシア人の肌の色を、黄は国の富を象徴します。ホイスト側からフライ側に伸びる黄と黒のY字帯は、バヌアツの国土の形を図案化したものであり、同時に国民の大多数が信仰するキリスト教の福音も象徴します。

Translate »