マラウイの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

マラウイの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、マラウイ国旗イラスト素材などを解説いたします。

マラウイの国旗

国名の正式名称

マラウイ共和国

マラウイを表す漢字一文字

誕生年

1964

国旗の色の意味

黒、赤、緑の配色はジャマイカ人のマーカス・ガーヴェイという運動家が1914年に設立した世界黒人開発協会(UNIA)の組織旗からとられたもので、他には南スーダンやケニアもこの配色を国旗に採り入れています。一般的に汎アフリカ色というと、アフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピアの国旗からとられた緑、黄、赤を指しますが、UNIAの三色はどちらかというとアフリカのみならず世界中の黒人解放運動のシンボルと認識されています。同時にそれぞれの配色にも意味付けが成されており、赤は独立のために流された血、黒はアフリカ人、緑は豊かな自然を表します。

国旗の特徴

黒、赤、緑の配色はジャマイカ人のマーカス・ガーヴェイという運動家が1914年に設立した世界黒人開発協会(UNIA)の組織旗からとられたもので、他には南スーダンやケニアもこの配色を国旗に採り入れています。一般的に汎アフリカ色というと、アフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピアの国旗からとられた緑、黄、赤を指しますが、UNIAの三色はどちらかというとアフリカのみならず世界中の黒人解放運動のシンボルと認識されています。同時にそれぞれの配色にも意味付けが成されており、赤は独立のために流された血、黒はアフリカ人、緑は豊かな自然を表します。また、上部に描かれた日の出はマラウイとアフリカの希望、そして夜明けを象徴します。国旗は1964年の独立に伴い制定されたもので、2010年に一度変更されたものの、2012年に再び復活しています。マラウイの独立当時、アフリカ各地は新国家としての産声を上げたばかりで、将来への希望に満ちていました。そうした状況を反映したマラウイ国旗には、意匠全体でアフリカの団結を呼びかける意味合いもあったといいます。

マラウイの地図

国旗の色(色番号)

#2b942c #040404 #2c8c2c #92151a

マラウイ国旗の意味や由来

マラウイ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

マラウイ国旗の由来

国旗は1964年の独立に伴い制定されたもので、2010年に一度変更されたものの、2012年に再び復活しています。黒、赤、緑の配色はジャマイカ人のマーカス・ガーヴェイという運動家が1914年に設立した世界黒人開発協会(UNIA)の組織旗からとられたもので、他には南スーダンやケニアもこの配色を国旗に採り入れています。一般的に汎アフリカ色というと、アフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピアの国旗からとられた緑、黄、赤を指しますが、UNIAの三色はどちらかというとアフリカのみならず世界中の黒人解放運動のシンボルと認識されています。同時にそれぞれの配色にも意味付けが成されており、赤は独立のために流された血、黒はアフリカ人、緑は豊かな自然を表します。また、上部に描かれた日の出はマラウイとアフリカの希望、そして夜明けを象徴します。マラウイの独立当時、アフリカ各地は新国家としての産声を上げたばかりで、将来への希望に満ちていました。そうした状況を反映したマラウイ国旗には、意匠全体でアフリカの団結を呼びかける意味合いもあったといいます。

誕生した背景

16世紀に建国されたマラヴィ帝国は、最盛期には現在のマラウイを中心にザンビア南東部、モザンビーク北部に至る広大な領土を支配し、交易によって栄えたと伝えられています。しかしこのマラヴィ帝国も19世紀になると周辺の異民族や西洋列強の勢力拡大によって衰退し、1891年にイギリスが保護領化。1907年にはニヤサランドと改名されました。第二次大戦後、アフリカ各地の植民地で独立を求める動きが盛んとなり、この地でもヘイスティングス・バンダ率いるマラウイ会議党(MCP)が同様の主張を広げていましたが、植民地当局はニヤサランドを隣接する南北ローデシア(現在のジンバブエとザンビア)に組み込み、その影響力を相対的に削ぐことで、白人優位の植民地体制の維持を図ります。しかし域内各地に広まった運動はもはや抑えが利かなくなっており、結局イギリスは1962年にバンダを首相とする自治政府の結成に同意。2年後の1964年にはマラウイとして正式に独立を達成しました。

国の特色・人種構成

特色:マラウイはアフリカ大陸南東部に位置する内陸国で、国土の約2割をマラウイ湖(ニヤサ湖)が占めます。またその他の湖や川を含めると実に国土の1/5が水域で、更に熱帯ならではの豊かな降水量を持つことから、農耕に適した肥沃な土地を多く抱えます。そのうえ国土の大半は高原で涼しく、人の生活に適した場所として古くから認知されてきました。

人種構成:バントゥー系の黒人諸部族がほとんどで、中南部のチェワ族とその親縁民族である南部のニャンジャ族が最大となっています。

マラウイ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

マラウイのフリー素材1

マラウイ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

マラウイのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。