アンゴラの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

アンゴラの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、アンゴラ国旗イラスト素材などを解説いたします。

アンゴラの国旗

国名の正式名称

アンゴラ共和国

アンゴラを表す漢字一文字

誕生年

1975年

国旗の色の意味

アンゴラ共和国の国旗は1975年、独立宣言時に定められました。背景は二色の横帯から成り、上部の帯は赤色で、下部の帯は黒色です。それぞれは、以下の事柄を象徴しています。 真紅色は、植民地の圧政下、独立戦争、祖国防衛において流されたアンゴラ人の血を意味するとされています。 黒色は国の国土とアフリカ大陸をあらわしています。 中央には、労働者と工業生産のシンボルである歯車の一部、農民と農業生産と武装闘争の象徴である刀、そして国の豊かさを表す星が描かれています。 富の象徴でもある黄色の歯車、ナタ、星といったものたちは歯車は回転、つまり労働者と工業生産を、ナタはそのままに農民と農業生産を意味し、そしてもうひとつ武力闘争をあらわすとされており、星は国際的な団結と進歩の省庁として描かれています。 黄色、すなわちゴールド、金というわけです。

国旗の特徴

アンゴラは、日本からはるか遠くアフリカの南西部に位置する「とても内戦が続いているおっかなそうなところ」というイメージのある国です。南側にナミビア、北側にコンゴ民主共和国、東側にザンビアと、3つの国境があり、西側は大西洋に面しています。コンゴ民主共和国を挟んだあたりにもアンゴラの領土があります。かつてはポルトガルの植民地であったことから、アンゴラの公用語はポルトガル語となっています。 アンゴラの国旗のデザインや特徴は、赤と黒で2分割されたデザインが、いかにもアフリカらしい、どこか危険な香りがする仕様になっております。赤はかつての独立闘争で流されたとされる血を意味し、黒は国土、そしてアフリカ大陸を意味しており、黄色は国の富の象徴としてのカラーリングで富そのものを表現しているとされております。。 その富の象徴でもある、国旗の中央に描かれているのは、黄色の歯車、ナタ、星といったものたちです。歯車は回転、つまり労働者と工業生産を、ナタはそのままに農民と農業生産を意味し、そしてもうひとつ武力闘争をあらわすとされており、星は国際的な団結と進歩の省庁として描かれています。星はかつて社会主義の象徴とされていて、かつてのソビエト連邦、中国、キューバの国旗などには星が描かれていますが、米ソ冷戦終結ともにアンゴラは社会主義路線を放棄しています。 アフリカにある国というイメージが想起しやすいデザインとカラーリングです。

アンゴラの地図

国旗の色(色番号)

#cc1424 #c80b22 #fad114 #da661c

アンゴラ国旗の意味や由来

アンゴラ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

アンゴラ国旗の由来

争いや混沌がふりかかる立場でアンゴラと深い因果関係にあった旧ソ連との結びつきを強調した国旗と呼ばれていることもあり、その理由はアンゴラ解放人民運動という党にとされています。アンゴラがポルトガルの植民地支配からの解放を求めて独立戦争を行った時に主体となった組織がアンゴラ解放人民運動という党をさします。その折、アンゴラ共和国がポルトガルから独立した際、アンゴラ解放人民運動の党旗を基に今の国旗の図案が制定されたといわれております。
国旗は制定されてから変わらず、それまでに数々の争いが繰り広げられてきました。
アンゴラが争いの歴史の国といわれる所以、その発端とされているのが奴隷交易とよばれるものです。奴隷交易は18世紀、ベルリン会議が開催されるまで続きました。ポルトガルは、ベルリン会議で合意されたアフリカの分割により、アンゴラ全土の占領と統治のために長い戦いを強いられることになりました。また、1910年の王政の廃止と国際状況の変化は、ポルトガルに新たな変革を迫りました。植民地も国の一部であるとする国家のもと、アンゴラはポルトガルの州(海外州)となります。とはいえ、今日のアンゴラにあたる土地の最終的な境界線と実効支配とは、1921年になるまで達成されませんでした。
当時、アンゴラにおける状況は、外見上は穏やかなものでした。しかし、20世紀半ばになると、最初の民族主義運動が生まれ、この平穏な在り方が問われることになります。1950年代以降は、さらに旗色を明確にした政治団体が結成され、その叫びを組織的に響かせるようになりました。世界中で外交的キャンペーンを行い、アンゴラの独立を求めて闘ったのです。しかし、宗主国は民族主義運動からの要請に譲ることはなく、1961年2月4日に「民族解放闘争」と呼ばれる直接の武力紛争が勃発しました。この武力紛争には主に、MPLA(アンゴラ解放人民運動)、FNLA(アンゴラ国民解放戦線)、そしてUNITA(アンゴラ全面独立民族同盟)の三つの民族主義組織が参入していました。長い年月に及ぶ闘争の後に、アンゴラは1975年11月11日に独立を達成しました。

アンゴラ国旗に似てる国旗

色合いと風合い?白色あるかないかで印象は違いますが、エジプトの国旗とアンゴラの国旗は共通点があります。
エジプトは中東・アフリカの国で、国土のほぼすべてといっていい部分をを砂漠が占めています。ピラミッドや王家の谷、ヒエログリフなどが神秘的で世界でも有数の魅力あふれる国です。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶとても有名なスエズ運河があります。
エジプトの国旗の色や意味は、赤は革命とそのために犠牲になった国民を意味しており、白は潔白と希望のみちあふれた明るい未来を、黒はいろいろな外国に支配されていた暗黒の時代を国家で克服したことを意味し、表しています。
中央には黄色、ゴールドで鷹の絵が配されています。この鷹は12世紀にエジプト、シリアを中心に活躍し十字軍との戦いでも人道主義者として知られているサラーフ・アッディーンのシンボルとされています。英雄を意味します。鷹の下にはアラビア語で、エジプト・アラブ共和国と自己紹介のように書かれています。
横に並べるとそこまで似ているという様相ではありませんが、色合いや雰囲気として似ている国旗といえます。

アンゴラが誕生した背景

アンゴラの誕生は一番古く確認されているのがアンゴラの国土に先史時代から人類が暮らしていたこととして、ルンダスやコンゴ、ナミブ砂漠に残る痕跡から知ることができます。しかし、もっと組織化された集団としての人々が住むようになるには、それから何千年も後、原史時代を待たねばなりません。最初に暮らすようになったのは、ブッシュマンでした。6世紀の初め、すでに金属器時代の技術を持っていた人々が、人類史上最大規模の移動を行いました。彼らはバントゥ系で、北方、恐らくは現在のカメルーン共和国のあたりからやってきました。この人々は、アンゴラの地に落ち着くと、ブッシュマンやその他の技術の未発達なグループに出会い、金属加工や陶器、農業といった分野の技術をもって、容易に優勢を勝ち取りました。アンゴラ全域に広がったバントゥは、より小さな集団にまとまるようになり、現在の民族グループができました。13世紀には、これらの諸グループの幾つかが社会的政治的にまとまり、コンゴ王国などの王国が成立し、一帯は政治社会的に安定するようになりました。
これが、ポルトガル人航海者ディオゴ・カンがザイレ川河口へ到達した際に目の当たりにした1482年の状況でした。その後、ポルトガル人たちとコンゴ王国の支配階級の人々との間には友好関係が結ばれ、交易が盛んに行われました。しかしその関係は、パウロ・ディアス・ノヴァイスが占領を開始し、複数の要塞を建設して沿岸地域を直接統治するようになって、断ち切られました。また、それと並行して、ブラジルでの労働力不足を補うために、奴隷交易が始まりました。そしてアフリカの分割により、アンゴラ全土の占領と統治のために長い戦いを強いられることになるという流れにつながります。

仲の悪い国・仲のいい国(紛争中など)

16世紀にポルトガルがアンゴラを植民地にして、南アメリカに移民させ強制労働させたという過去があります。

アンゴラの特色・人種構成

特色:アンゴラには二つの季節があります。一つは雨季で、10月から4月にかけての暑い時期です。もう一つは乾季(アンゴラではカシンボと呼びます)で、5月から9月までの時期にあたります。年間平均気温は最高27℃、最低17℃です。
国土は南半球の熱帯収束帯から亜熱帯にかけて広がり、海に近く特有の起伏を有しているため、気候によって二つの地域に分けられます。そのひとつが、年間平均湿度が30%で、平均気温が23℃以上の沿岸部です。
そして、もうひとつの地域である内陸部は、高温多雨である北部、乾季の気温が低い中央高原を含む高地部、ナミブ砂漠に近いために半乾燥地域であり、大陸の熱帯気団の影響を受ける南東部に分類されます。

人種構成:アンゴラの人口は大半がバントゥー系であり、オヴィンブンド人(37%)、アンブンド人(25%)、バコンゴ人(13%)、チョクウェ人(8%)、混血(2%)、ヨーロッパ人(1%)他、さまざまな民族集団から構成されています。植民地であった名残から、アンゴラのヨーロッパ系人口は、主にポルトガル由来の人々となっています。
アンゴラ国民の大半はキリスト教徒で、カソリックが最大の宗派です。また、相当数の人々が、バプテスト教会、メソディスト教会、会衆派教会など、プロテスタントの信者です。加えて、数はずっと少ないですが、改革派やルーテル派の信者もいます。
さらには、アドベンチスト教会やペンテコステ派など、ブラジルの影響を強く受ける教派も存在します。また、キンバンギスタ教会とトコイスタ教会という、二つの諸教混合主義の宗派があります。アフリカの伝統宗教やイスラム教の信者は少数です。

アンゴラの国旗の歴史

  • アンゴラの国旗の始まり
    1975年以前
    ポルトガル領西アフリカの国旗がアンゴラ国旗の起源とされています。
    それから現在の国旗になった1975年から1996年と2003年に新しい国旗の提案が去れましたがどちらも却下されています。
  • 現在の国旗へ
    1975年
    1961年2月4日に「民族解放闘争」と呼ばれる直接の武力紛争が勃発しました。
    この武力紛争には主に、MPLA(アンゴラ解放人民運動)、FNLA(アンゴラ国民解放戦線)、
    そしてUNITA(アンゴラ全面独立民族同盟)の三つの民族主義組織が参入していました。長い年月に及ぶ闘争の後に、
    アンゴラは1975年11月11日に独立を達成しました。このときに制定された国旗が現在の国旗です。

    アンゴラの独立は平和な時代の始まりではなく、ポルトガルの植民地支配を相手に闘った民族主義組織の間での新たな内戦の始まりという悲しい始まりでもありました。
    しかし、およそ30年間に及んだ内戦を経た2002年4月4日、ついに武器が沈黙し、平和が確立する日がやってきました。
    以来、アンゴラは、政治的・社会的安定を享受しています。

    ちなみに、国際舞台においてアンゴラは、平和をもたらし地域紛争の解決をめざす事業を外交チャンネルを中心に紛争を予防し、
    人権を奨励することにより強力に後押ししてきています。多国間の枠組みについては、アンゴラは以下のように様々な
    国際機関・地域機関のメンバーとなっています。

    また、豊かな国土のアンゴラはアンゴラには五つの植生地域があります。
    まず、マイオンベのような熱帯雨林。そして、通常ルンダスのような森林に隣接するサヴァンナです。
    加えて、ルアンダ、バイシャ・デ・カサンジェおよびルンダスの一部に見られる、樹木や低木林のある乾燥サヴァンナ。
    さらにスンベの南に端を発する帯状の地域の周囲に広がるステップ地域、そして、最南端のごく狭い沿岸地域に見られる砂漠です。

    また、さまざまな地方で無数の種類の動物を見ることができます。北部の最も湿潤な地域であるマイオンベの密林では、ゴリラやチンパンジー、
    さまざまなオウムが棲息しています。中部および東部では、ブッシュバックやブルーダイカー、ゾウが見られます。
    加えて、さらに乾燥した地域にはスプリングボック、オリックス、ヌー、インパラ、チータ、バッファロー、ゾウ、シマウマ、キリンが現れます。
    国土全域にほぼ共通する動物としては、ハイエナ、ローンアンテロープ、ライオン、ヒョウ、カバがいます。

    密猟と内戦により、アンゴラの自然動物は被害を受けました。しかし、『ノアの方舟プロジェクト』の枠組みによって、
    アンゴラ国内に以前は存在していたさまざまな動物たちが、他のアフリカ諸国からキサマ国立公園へ移送されました。

アンゴラの国旗

アンゴラ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

アンゴラのフリー素材
アンゴラのフリー素材2

アンゴラ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

アンゴラのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。