ボツワナについて

国旗の由来

ボツワナ国旗は独立と同時に制定されました。国旗の配色は、水色が雨を、黒が多数派の黒人を、白が少数派の白人を表し、黒白で人種を超えた融和を象徴します。汎アフリカ色(赤、黄、緑)のどの色も使っていないのは、アフリカ諸国の中ではレアなケースと言えます。 国旗の意味の中に雨が含まれているのは珍しい例ですが、これにはボツワナの地理的要件が関係しています。ボツワナ(特に西部のカラハリ砂漠)は乾燥地帯にあり、雨は大変貴重です。乾燥した大地に住むボツワナ国民は雨を望み、その希求心が国旗に雨を表す水色を取り入れさせたのです。ちなみに、雨は公用語のツワナ語で「プラ」というのですが、これは通貨単位の名前にも使われています。人々の雨に対する想いの深さがわかります。

国旗の特徴

ボツワナ国旗は独立と同時に制定されました。国旗の配色は、水色が雨を、黒が多数派の黒人を、白が少数派の白人を表し、黒白で人種を超えた融和を象徴します。汎アフリカ色(赤、黄、緑)のどの色も使っていないのは、アフリカ諸国の中ではレアなケースと言えます。 国旗の意味の中に雨が含まれているのは珍しい例ですが、これにはボツワナの地理的要件が関係しています。ボツワナ(特に西部のカラハリ砂漠)は乾燥地帯にあり、雨は大変貴重です。乾燥した大地に住むボツワナ国民は雨を望み、その希求心が国旗に雨を表す水色を取り入れさせたのです。ちなみに、雨は公用語のツワナ語で「プラ」というのですが、これは通貨単位の名前にも使われています。人々の雨に対する想いの深さがわかります。

国旗の色の意味

国旗の配色は、水色が雨を、黒が多数派の黒人を、白が少数派の白人を表し、黒白で人種を超えた融和を象徴します。汎アフリカ色(赤、黄、緑)のどの色も使っていないのは、アフリカ諸国の中ではレアなケースと言えます。 国旗の意味の中に雨が含まれているのは珍しい例ですが、これにはボツワナの地理的要件が関係しています。