ブルキナファソの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

ブルキナファソの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ブルキナファソ国旗イラスト素材などを解説いたします。

We also encourage fan art. If you make something, please show us on Twitter. hashtag is #worldflags_fa
We will send information such as illustration updates and interesting information on Twitter! Please follow @worldflagsorg !  
World Flags was created by wanting to get along with each other by wanting to expand the diversity and values ​​of the world by personification.

ブルキナファソの国旗

国名の正式名称

ブルキナファソ

ブルキナファソを表す漢字一文字

国旗の色の意味

赤、緑、黄の三色はアフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピア国旗に範をとった汎アフリカ色で、全体でアフリカ諸国の連帯を表すほか、国旗の上半分を占める赤は革命の理念である社会主義を、下半分の緑は国の主要産業である農業と豊かな作物を、中央の黄色い星は革命を導く光明を表します。

国旗の特徴

国旗は社会主義革命の翌年に当たる1984年、国名がオートヴォルタからブルキナファソと改められると同時に制定されたものです。赤、緑、黄の三色はアフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピア国旗に範をとった汎アフリカ色で、全体でアフリカ諸国の連帯を表すほか、国旗の上半分を占める赤は革命の理念である社会主義を、下半分の緑は国の主要産業である農業と豊かな作物を、中央の黄色い星は革命を導く光明を表します。1987年のサンカラ政権崩壊、およびコンパオレ政権下の1990年に発表された一連の民主化政策によって社会主義国ではなくなりましたが、国旗はサンカラの理念が詰まった革命当時のものが使われ続けています。

国旗の色(色番号)

#ec262c #098c3d #f7ca14 #ec2323

ブルキナファソ国旗の意味や由来

ブルキナファソ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ブルキナファソ国旗の由来

国旗は社会主義革命の翌年に当たる1984年、国名がオートヴォルタからブルキナファソと改められると同時に制定されたものです。赤、緑、黄の三色はアフリカ最古の独立国と呼ばれるエチオピア国旗に範をとった汎アフリカ色で、全体でアフリカ諸国の連帯を表すほか、国旗の上半分を占める赤は革命の理念である社会主義を、下半分の緑は国の主要産業である農業と豊かな作物を、中央の黄色い星は革命を導く光明を表します。1987年のサンカラ政権崩壊、およびコンパオレ政権下の1990年に発表された一連の民主化政策によって社会主義国ではなくなりましたが、国旗はサンカラの理念が詰まった革命当時のものが使われ続けています。

誕生した背景

1960年には独立運動を指揮したモーリス・ヤメオゴを初代大統領とするオートヴォルタ共和国として正式な独立を達成しました。ですが権力集中を図ったヤメオゴ政権は1966年に発生したクーデターで崩壊、以後は政変が繰り返されては新たな軍事政権が成立するという悪循環に陥りました。この国難に耐えかねた「アフリカのチェ・ゲバラ」ことトーマス・サンカラ大尉により、1983年に社会主義革命が成され、サンカラは部族主義に基づく旧態依然とした体制を変革すべく、矢継ぎ早に急進的な政策を実行していきます。また、革命翌年には国名が現在のブルキナファソに改められました。しかしこのサンカラ率いる社会主義政権も、あまりに当地の伝統からかけ離れていたため次第に支持を失い、彼の腹心として司法相を務めていたブレーズ・コンパオレ大尉率いる「人民戦線」によって1987年に打倒され、人民戦線臨時政府は1990年に社会主義路線の放棄と、形式的ではありますが複数政党制導入を発表しました。コンパオレ大統領は現実主義に基づいた巧みな政治運営で長期政権を維持したものの、2014年の民衆蜂起を契機に発生したクーデターで政権の座を追われ、一時的な軍政を経て、現在はロシュ・カボレ大統領のもとで民政復帰を果たしています。

国の特色・人種構成

特色:西アフリカの内陸国ブルキナファソは、世界最大の砂漠であるサハラ砂漠のすぐ南に位置するサバンナ地帯を領土とする国です。国土の大半は乾燥気候で、北部では砂漠化の影響も深刻ですが、地域有数の大河であるヴォルタ川の源流を抱えるため、その流域周辺では綿花栽培などの農業が盛んに行われています。この川は3つの異なる水源から黒ヴォルタ、赤ヴォルタ、白ヴォルタの名で個別に南下し、南隣のガーナ国内で合流して1つの大河ヴォルタ川となって、最終的に大西洋のギニア湾に注がれます。

人種構成:黒人諸部族が大半で、うち半数はモシ族。ほかにグルンシ族、セヌフォ族、ロビ族、ボボ族、フラニ族、マンデ族などが存在。

ブルキナファソ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ブルキナファソのフリー素材1

ブルキナファソ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ブルキナファソのフリー画像

その他のアフリカ大陸の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。