ブルンジについて

国旗の由来

ルーツである旧国旗は独立に伴い制定されたブルンジ王国時代の国旗は王政が廃止された1966年まで用いられました。大まかなデザインは変わっていませんが、中央の意匠は王家の象徴であるカリェンダと呼ばれる太鼓とモロコシの花で構成される紋章となっています。 1866年の王政廃止後、王家の象徴であるカリェンダは削除され、中央には暫定的にモロコシの花だけが残されました。翌1967年、現国旗のデザインが採用されたことにより完全に廃止となります。 1993-2005年にかけて、民族対立による激しい内戦が繰り広げられたものの、国旗そのものは変更されませんでした。 赤は独立のために流された血、緑は希望と発展、白は平和を象徴します。中央に置かれた3つの星は、フツ人、ツチ人、トゥワ人という国内の主要な3民族と、国の標語である「統一、労働、進歩」を表しています。縦横比はもともと2対3でしたが、1982年に現在の3対5に改められました。

国旗の特徴

ルーツである旧国旗は独立に伴い制定されたブルンジ王国時代の国旗は王政が廃止された1966年まで用いられました。大まかなデザインは変わっていませんが、中央の意匠は王家の象徴であるカリェンダと呼ばれる太鼓とモロコシの花で構成される紋章となっています。 1866年の王政廃止後、王家の象徴であるカリェンダは削除され、中央には暫定的にモロコシの花だけが残されました。翌1967年、現国旗のデザインが採用されたことにより完全に廃止となります。 1993-2005年にかけて、民族対立による激しい内戦が繰り広げられたものの、国旗そのものは変更されませんでした。 赤は独立のために流された血、緑は希望と発展、白は平和を象徴します。中央に置かれた3つの星は、フツ人、ツチ人、トゥワ人という国内の主要な3民族と、国の標語である「統一、労働、進歩」を表しています。縦横比はもともと2対3でしたが、1982年に現在の3対5に改められました。

国旗の色の意味

赤は独立のために流された血、緑は希望と発展、白は平和を象徴します。中央に置かれた3つの星は、フツ人、ツチ人、トゥワ人という国内の主要な3民族と、国の標語である「統一、労働、進歩」を表しています。