中央アフリカの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

中央アフリカの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、中央アフリカ国旗イラスト素材などを解説いたします。

We also encourage fan art. If you make something, please show us on Twitter. hashtag is #worldflags_fa
We will send information such as illustration updates and interesting information on Twitter! Please follow @worldflagsorg !  
World Flags was created by wanting to get along with each other by wanting to expand the diversity and values ​​of the world by personification.

中央アフリカの国旗

国名の正式名称

中央アフリカ共和国

中央アフリカを表す漢字一文字

国旗の色の意味

赤、黄、緑は汎アフリカ色を、青、白、赤はフランス国旗からとり入れられた色なのです。色の意味合いは、青が希望とアフリカの空、白が純潔と理想、緑が南部の森林地帯と国の富、黄が北部のサバンナ地帯とダイヤモンドなどの豊かな鉱産資源となっています。中央を貫く赤帯は独立のために流された血と情熱を象徴すると同時に、かつてフランス領赤道アフリカとして統治されていた頃の名残から、赤道も表しています。

国旗の特徴

1958年の自治権獲得の際に制定された中央アフリカ国旗は、独立を主導した政治家バルテレミー・ボガンダによりデザインされたもので、彼が唱えたフランスとアフリカの融和を体現した意匠となっています。すなわち、赤、黄、緑は汎アフリカ色を、青、白、赤はフランス国旗からとり入れられた色なのです。色の意味合いは、青が希望とアフリカの空、白が純潔と理想、緑が南部の森林地帯と国の富、黄が北部のサバンナ地帯とダイヤモンドなどの豊かな鉱産資源となっています。中央を貫く赤帯は独立のために流された血と情熱を象徴すると同時に、かつてフランス領赤道アフリカとして統治されていた頃の名残から、赤道も表しています。カントン部の黄色い星は、自由と独立を示すシンボルです。ボガンダは他にも後述する国歌の作詞も担当し、自治政府の初代首相を務めるなど、名実共に中央アフリカの「建国の父」として現在まで敬われていますが、彼自身は独立直前の1959年に飛行機事故に逢い、祖国の独立を見届けることなく亡くなってしまいました。

国旗の色(色番号)

#ca0c2c #f9c904 #e0dfdb #208e22

中央アフリカ国旗の意味や由来

中央アフリカ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

中央アフリカ国旗の由来

中央アフリカの国旗は、独立を主導した政治家バルテレミー・ボガンダによりデザインされたもので、彼が唱えたフランスとアフリカの融和を体現した意匠となっています。すなわち、赤、黄、緑は汎アフリカ色を、青、白、赤はフランス国旗からとり入れられた色なのです。色の意味合いは、青が希望とアフリカの空、白が純潔と理想、緑が南部の森林地帯と国の富、黄が北部のサバンナ地帯とダイヤモンドなどの豊かな鉱産資源となっています。中央を貫く赤帯は独立のために流された血と情熱を象徴すると同時に、かつてフランス領赤道アフリカとして統治されていた頃の名残から、赤道も表しています。カントン部の黄色い星は、自由と独立を示すシンボルです。ボガンダは他にも後述する国歌の作詞も担当し、自治政府の初代首相を務めるなど、名実共に中央アフリカの「建国の父」として現在まで敬われていますが、彼自身は独立直前の1959年に飛行機事故に逢い、祖国の独立を見届けることなく亡くなってしまいました。

誕生した背景

独立後はダヴィド・ダッコ初代大統領のもとで新国家の建設が始まったものの、政情は安定せず、1965年に軍のジャン=ベデル・ボカサ参謀総長率いるクーデターで軍事政権が成立し、翌1966年にボカサは自ら第2代大統領に就任。1972年には自身の地位を終身大統領と位置付けて独裁統治を敷きましたが、野心家の彼はそれすら自分には不十分な地位であるとして、1976年には遂に共和制の廃止と皇帝への即位を決行、ボカサ1世と名乗って国家の私物化を進めました。それに伴い国名も中央アフリカ帝国と改称し、翌1977年には当時の国家予算の倍に相当する資金をつぎ込んで盛大な戴冠式を行うなど、最貧国の1つである中央アフリカの脆弱な国力をあまりに無視した施策が矢継ぎ早に実施され、国際社会からの失笑と非難を買います。結局、この傍若無人な帝政はわずか3年で打倒され、再びダッコが大統領に就任して共和制が復活していますが、その後も政情は安定せず、選挙のたびに国は騒乱で荒れ、無政府状態に陥ることもあります。

国の特色・人種構成

特色:アフリカ大陸のほぼ中央部に位置する内陸国です。この地は隣接するコンゴの付属地として19世紀末にフランスの植民地となり、域内を流れる2つの川の名前をとってウバンギ=シャリ(Ubangi-Shari)と名付けられました。1910年にはコンゴ、カメルーンと共にフランス領赤道アフリカとして統合(1920年には北隣のチャドも編入)され、以後綿花やコーヒー豆などの農産物、それにダイヤモンドと金を軸とした鉱物資源の供給地として統治されてきましたが、第二次大戦後からは住民の政治意識も高まりを見せ、1958年に自治共和国に昇格。次いで1960年には中央アフリカ共和国として正式な独立を達成しました。

人種構成:バヤ族、バンダ族、マンジャ族、サラ族などの、アフリカ系黒人諸部族(約80部族)がほとんど。少数のヨーロッパ系白人も存在し、その大半はフランス人が占める。

中央アフリカ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

中央アフリカのフリー素材1

その他のアフリカ大陸の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する。5人目のアイスランドが近日公開!

Dragon and Tiger Brothers of the Orient

亜細亜の龍

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。