中央アフリカについて

国旗の由来

中央アフリカの国旗は、独立を主導した政治家バルテレミー・ボガンダによりデザインされたもので、彼が唱えたフランスとアフリカの融和を体現した意匠となっています。すなわち、赤、黄、緑は汎アフリカ色を、青、白、赤はフランス国旗からとり入れられた色なのです。色の意味合いは、青が希望とアフリカの空、白が純潔と理想、緑が南部の森林地帯と国の富、黄が北部のサバンナ地帯とダイヤモンドなどの豊かな鉱産資源となっています。中央を貫く赤帯は独立のために流された血と情熱を象徴すると同時に、かつてフランス領赤道アフリカとして統治されていた頃の名残から、赤道も表しています。カントン部の黄色い星は、自由と独立を示すシンボルです。ボガンダは他にも後述する国歌の作詞も担当し、自治政府の初代首相を務めるなど、名実共に中央アフリカの「建国の父」として現在まで敬われていますが、彼自身は独立直前の1959年に飛行機事故に逢い、祖国の独立を見届けることなく亡くなってしまいました。

国旗の特徴

1958年の自治権獲得の際に制定された中央アフリカ国旗は、独立を主導した政治家バルテレミー・ボガンダによりデザインされたもので、彼が唱えたフランスとアフリカの融和を体現した意匠となっています。すなわち、赤、黄、緑は汎アフリカ色を、青、白、赤はフランス国旗からとり入れられた色なのです。色の意味合いは、青が希望とアフリカの空、白が純潔と理想、緑が南部の森林地帯と国の富、黄が北部のサバンナ地帯とダイヤモンドなどの豊かな鉱産資源となっています。中央を貫く赤帯は独立のために流された血と情熱を象徴すると同時に、かつてフランス領赤道アフリカとして統治されていた頃の名残から、赤道も表しています。カントン部の黄色い星は、自由と独立を示すシンボルです。ボガンダは他にも後述する国歌の作詞も担当し、自治政府の初代首相を務めるなど、名実共に中央アフリカの「建国の父」として現在まで敬われていますが、彼自身は独立直前の1959年に飛行機事故に逢い、祖国の独立を見届けることなく亡くなってしまいました。

国旗の色の意味

赤、黄、緑は汎アフリカ色を、青、白、赤はフランス国旗からとり入れられた色なのです。色の意味合いは、青が希望とアフリカの空、白が純潔と理想、緑が南部の森林地帯と国の富、黄が北部のサバンナ地帯とダイヤモンドなどの豊かな鉱産資源となっています。中央を貫く赤帯は独立のために流された血と情熱を象徴すると同時に、かつてフランス領赤道アフリカとして統治されていた頃の名残から、赤道も表しています。