コモロの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

コモロの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、コモロ国旗イラスト素材などを解説いたします。

We also encourage fan art. If you make something, please show us on Twitter. hashtag is #worldflags_fa
We will send information such as illustration updates and interesting information on Twitter! Please follow @worldflagsorg !  
World Flags was created by wanting to get along with each other by wanting to expand the diversity and values ​​of the world by personification.

コモロの国旗

国名の正式名称

コモロ連合

コモロを表す漢字一文字

国旗の色の意味

意匠は独立以来、歴代政権によって受け継がれてきたものであり、国内の各勢力が政治的な立場を乗り越えて、建国以来の目標である国家の統合とマヨット島の返還を実現する努力を象徴します。黄、白、赤、青の帯もまた、それぞれの島を象徴(黄=モヘリ、白=マヨット、赤=アンジュアン、青=グランドコモロ)すると同時に、黄は太陽と進歩、白は自由と純潔、赤は独立のために流された血、青は国を囲むインド洋を表します。

国旗の特徴

非常に困難な国情を抱えるコモロは、政治体制の変化に伴い、国旗もコロコロと変わってきました。現国旗は2001年の連合体制への移行に際して作成され、翌2002年の国民投票で承認されたものです。緑、三日月、星は全てイスラム教の伝統的な象徴で、4つ星はコモロ諸島を構成するグランドコモロ、アンジュアン、モヘリ、マヨットの主要4島を表します。この意匠は独立以来、歴代政権によって受け継がれてきたものであり、国内の各勢力が政治的な立場を乗り越えて、建国以来の目標である国家の統合とマヨット島の返還を実現する努力を象徴します。黄、白、赤、青の帯もまた、それぞれの島を象徴(黄=モヘリ、白=マヨット、赤=アンジュアン、青=グランドコモロ)すると同時に、黄は太陽と進歩、白は自由と純潔、赤は独立のために流された血、青は国を囲むインド洋を表します。

国旗の色(色番号)

#336dbf #d5cfc4 #c90d20 #308527

コモロ国旗の意味や由来

コモロ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

コモロ国旗の由来

非常に困難な国情を抱えるコモロは、政治体制の変化に伴い、国旗もコロコロと変わってきました。現国旗は2001年の連合体制への移行に際して作成され、翌2002年の国民投票で承認されたものです。緑、三日月、星は全てイスラム教の伝統的な象徴で、4つ星はコモロ諸島を構成するグランドコモロ、アンジュアン、モヘリ、マヨットの主要4島を表します。この意匠は独立以来、歴代政権によって受け継がれてきたものであり、国内の各勢力が政治的な立場を乗り越えて、建国以来の目標である国家の統合とマヨット島の返還を実現する努力を象徴します。黄、白、赤、青の帯もまた、それぞれの島を象徴(黄=モヘリ、白=マヨット、赤=アンジュアン、青=グランドコモロ)すると同時に、黄は太陽と進歩、白は自由と純潔、赤は独立のために流された血、青は国を囲むインド洋を表します。

誕生した背景

中世、これらの島にはアラブ人やペルシア人が移住し、イスラム教が伝播。土着の黒人と融合しながらイスラム諸王朝を築いていました。しかし19世紀に隣のマダガスカル島がフランスの勢力下に入ると、その付属地としてコモロにもフランスの食指が伸び、マヨット島を皮切りに次々と保護領化されていきます。第二次大戦後はフランス本国が植民地に対して段階的に自治や独立を認める方針にシフトしていき、コモロにも1961年に内政自治権が与えられました。この頃から既に将来的な独立も視野に入れられていましたが、1974年に実施された住民投票ではマヨット島のみが独立に反対し、翌1975年にひとまず残る3島のみで独立を達成しました。独立後のコモロ政府はフランスに対し、一貫してマヨット島の返還を主張していますが、本国からの支援によってある程度の生活水準を保証されたマヨット住民は、貧しいコモロに復帰しても経済基盤の崩壊が待っているだけとしてこれを拒否しており、フランスもこうした住民の声を盾に島の統治を続けています。

国の特色・人種構成

特色:アフリカ大陸南東部とマダガスカル島の間に位置するモザンビーク海峡には、グランドコモロ、アンジュアン、モヘリ、マヨットの主要4島から成るコモロ諸島という小さな島々が存在します。中世、これらの島にはアラブ人やペルシア人が移住し、イスラム教が伝播。土着の黒人と融合しながらイスラム諸王朝を築いていました。

人種構成:コモロ人(黒人とアラブ人の混血)がほとんど。コモロ人は更に下部の小部族に分かれるが、民族としてのアイデンティティとしてはどの島の出身者かが重要視される。

コモロ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

コモロのフリー素材1

その他のアフリカ大陸の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する。5人目のアイスランドが近日公開!

Dragon and Tiger Brothers of the Orient

亜細亜の龍

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。