コンゴについて

国旗の特徴

多くの情勢に翻弄されてきたコンゴ民主共和国も国旗がコロコロと変わってきた国の1つです。現在の国旗は2006年の新憲法制定に伴い導入されたもので、2007年の元旦より実際の使用が開始されています。この国旗は1963-1971年まで用いられた2代目の国旗をモチーフとしており、水色は平和、赤は殉国者の血、黄は豊かな天然資源を表し、星はコンゴ民主共和国の未来が明るいものであるように、という願いを象徴します。現実には国旗の理念が表すような理想的な国家とは程遠い状況が続いていますが、一刻も早く、この国が安定して豊かさを享受できるような環境を整えたいという気持ちが伝わってきます。

国旗の色の意味

国旗は1963-1971年まで用いられた2代目の国旗をモチーフとしており、水色は平和、赤は殉国者の血、黄は豊かな天然資源を表し、星はコンゴ民主共和国の未来が明るいものであるように、という願いを象徴します。