ジブチの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ジブチの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ジブチ国旗イラスト素材などを解説いたします。

ジブチの国旗

国名の正式名称

ジブチ共和国

ジブチを表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

国の二大民族であるイッサ人のシンボルである青と、アファール人の民族色である緑が大きな面積を占めると同時に、青はジブチの空と海を、緑は大地を、白は平和と平等を、赤い星は国家の統一と独立のために流された血を象徴します。前述の二大民族の対立により内戦に陥った過去への反省から、国旗は独立に向けて共に血を流し、同じ海と大地を戴く平等な2つの民族が、対立を乗り越え、団結して平和な国家を築こうという意思を体現しています。

国旗の特徴

ジブチ国旗は植民地時代の1972年に考案され、1977年の独立と同時に正式に制定されました。国の二大民族であるイッサ人のシンボルである青と、アファール人の民族色である緑が大きな面積を占めると同時に、青はジブチの空と海を、緑は大地を、白は平和と平等を、赤い星は国家の統一と独立のために流された血を象徴します。前述の二大民族の対立により内戦に陥った過去への反省から、国旗は独立に向けて共に血を流し、同じ海と大地を戴く平等な2つの民族が、対立を乗り越え、団結して平和な国家を築こうという意思を体現しています。その一方で、5つの光を放つ赤い星はソマリ系諸部族が住む主要5地域の象徴(詳しくはソマリアの記事を参照のこと)でもあり、ここからこの国の主導権はソマリ系のイッサ人が握っていることも読み取れます。

ジブチの地図

国旗の色(色番号)

#0c9c22 #eae6e7 #fc1313 #0ba421

ジブチ国旗の意味や由来

ジブチ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ジブチ国旗の由来

972年に考案され、1977年の独立と同時に正式に制定されました。国の二大民族であるイッサ人のシンボルである青と、アファール人の民族色である緑が大きな面積を占めると同時に、青はジブチの空と海を、緑は大地を、白は平和と平等を、赤い星は国家の統一と独立のために流された血を象徴します。前述の二大民族の対立により内戦に陥った過去への反省から、国旗は独立に向けて共に血を流し、同じ海と大地を戴く平等な2つの民族が、対立を乗り越え、団結して平和な国家を築こうという意思を体現しています。その一方で、5つの光を放つ赤い星はソマリ系諸部族が住む主要5地域の象徴(詳しくはソマリアの記事を参照のこと)でもあり、ここからこの国の主導権はソマリ系のイッサ人が握っていることも読み取れます。

誕生した背景

1896年にはフランス領ソマリランドの名で正式に植民地化したフランスですが、一方で域内の他の地域に対する関心は非常に薄く、二大民族であるソマリ系イッサ人とエチオピア系アファール人が対立と均衡を繰り返す伝統的な勢力図が維持されていました。そのため独立に向けた運動が活発化するのも他のアフリカ諸国に比べると遅く、1967年に実施された住民投票でもフランス領に留まる票が多数を占めました(その際、植民地の名称をフランス領アファール・イッサと改称)。そんなジブチでも住民投票以降、独立を目指す動きが徐々にその芽を吹き出し、二大民族がそれぞれ個別の政党を結成してフランスと対話を重ねます。その中で当然主導権争いも起きましたが、やがて人口比率でアファール人を上回るイッサ人がペースを握り、1977年にイッサ人の盟主を初代大統領とするジブチ共和国として独立しました。

国の特色・人種構成

特色:アフリカ大陸北東部に位置し、紅海を挟んだ対岸でアラビア半島に面するジブチ共和国は、1977年にフランスから独立した小さな国です。国土全体が砂漠気候に属する灼熱の地のため農業は振るいませんが、地中海からスエズ運河を経て紅海に入り、アデン湾に接続してインド洋に抜けるという、極めて重要な国際航路に面しているため、中継貿易や船舶の補給といった運輸産業に適した好条件を持ちます。

人種構成:ソマリ人(イッサ族が大半。少数のディル族も含む)60%エチオピア系アファール人35%他に少数のアラブ人、フランス人など。

ジブチ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ジブチのフリー素材1

その他のアフリカ大陸の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

4kings of North

北欧四十字(北欧四天王)

北欧の四天王。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。