ジブチについて

国旗の由来

972年に考案され、1977年の独立と同時に正式に制定されました。国の二大民族であるイッサ人のシンボルである青と、アファール人の民族色である緑が大きな面積を占めると同時に、青はジブチの空と海を、緑は大地を、白は平和と平等を、赤い星は国家の統一と独立のために流された血を象徴します。前述の二大民族の対立により内戦に陥った過去への反省から、国旗は独立に向けて共に血を流し、同じ海と大地を戴く平等な2つの民族が、対立を乗り越え、団結して平和な国家を築こうという意思を体現しています。その一方で、5つの光を放つ赤い星はソマリ系諸部族が住む主要5地域の象徴(詳しくはソマリアの記事を参照のこと)でもあり、ここからこの国の主導権はソマリ系のイッサ人が握っていることも読み取れます。

国旗の特徴

ジブチ国旗は植民地時代の1972年に考案され、1977年の独立と同時に正式に制定されました。国の二大民族であるイッサ人のシンボルである青と、アファール人の民族色である緑が大きな面積を占めると同時に、青はジブチの空と海を、緑は大地を、白は平和と平等を、赤い星は国家の統一と独立のために流された血を象徴します。前述の二大民族の対立により内戦に陥った過去への反省から、国旗は独立に向けて共に血を流し、同じ海と大地を戴く平等な2つの民族が、対立を乗り越え、団結して平和な国家を築こうという意思を体現しています。その一方で、5つの光を放つ赤い星はソマリ系諸部族が住む主要5地域の象徴(詳しくはソマリアの記事を参照のこと)でもあり、ここからこの国の主導権はソマリ系のイッサ人が握っていることも読み取れます。

国旗の色の意味

国の二大民族であるイッサ人のシンボルである青と、アファール人の民族色である緑が大きな面積を占めると同時に、青はジブチの空と海を、緑は大地を、白は平和と平等を、赤い星は国家の統一と独立のために流された血を象徴します。前述の二大民族の対立により内戦に陥った過去への反省から、国旗は独立に向けて共に血を流し、同じ海と大地を戴く平等な2つの民族が、対立を乗り越え、団結して平和な国家を築こうという意思を体現しています。