コンゴ民主共和国について

国旗の由来

現在の国旗は2006年の新憲法制定に伴い導入されたもので、2007年の元旦より実際の使用が開始されています。この国旗は1963-1971年まで用いられた2代目の国旗をモチーフとしており、水色は平和、赤は殉国者の血、黄は豊かな天然資源を表し、星はコンゴ民主共和国の未来が明るいものであるように、という願いを象徴します。現実には国旗の理念が表すような理想的な国家とは程遠い状況が続いていますが、一刻も早く、この国が安定して豊かさを享受できるような環境を整えたいという信念が伝わってきます。 32年間に及んだモブツ独裁政権が打倒された1997年、反政府勢力が樹立した暫定政権が定めた国旗です。それまでのモブツの政策を清算するかのように、国旗は初代国旗とほぼ同じものに戻され、国名もザイール共和国から再びコンゴ民主共和国となりました。2003年には青の濃さが薄く変更され、水色となっています。 そんな中でも暫定政権は民政移管プロセスを進め、2006年に新憲法を制定。総選挙を通じて正統政府が発足したのに伴い、翌2007年1月1日より現国旗に移行しました。

国旗の特徴

コンゴ民主共和国は国旗がコロコロと変わってきた国の1つです。現在の国旗は2006年の新憲法制定に伴い導入されたもので、2007年の元旦より実際の使用が開始されています。この国旗は1963-1971年まで用いられた2代目の国旗をモチーフとしており、水色は平和、赤は殉国者の血、黄は豊かな天然資源を表し、星はコンゴ民主共和国の未来が明るいものであるように、という願いを象徴します。現実には国旗の理念が表すような理想的な国家とは程遠い状況が続いていますが、一刻も早く、この国が安定して豊かさを享受できるような環境を整えたいという信念が伝わってきます。

国旗の色の意味

水色は平和、赤は殉国者の血、黄は豊かな天然資源を表し、星はコンゴ民主共和国の未来が明るいものであるように、という願いを象徴します。 ちなみに初代国旗は1960年に制定。ベルギー領時代から青地に1つの大きな星というデザインは用いられてきましたが、独立に伴い、当時の6州を表す小さな星が追加されました。1963年に廃止となっています。