赤道ギニアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

赤道ギニアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、赤道ギニア国旗イラスト素材などを解説いたします。

We also encourage fan art. If you make something, please show us on Twitter. hashtag is #worldflags_fa
We will send information such as illustration updates and interesting information on Twitter! Please follow @worldflagsorg !  
World Flags was created by wanting to get along with each other by wanting to expand the diversity and values ​​of the world by personification.

赤道ギニアの国旗

国名の正式名称

赤道ギニア共和国

赤道ギニアを表す漢字一文字

国旗の色の意味

青い三角形は島嶼部と大陸部の領土を隔てるギニア湾を、緑は伝統産業である農業を、白は国家の平和を、赤は独立のために流された血を象徴します。中央の国章は、赤道ギニアで神の木として称えられるカポック(パンヤ)の木、大陸部および5つの主要島嶼を表す6つの星で構成されており、下部のリボンには国の第一公用語であるスペイン語で「統一、平和、正義」という国の標語が書かれています。

国旗の特徴

赤道ギニアの国旗は1968年の独立と同時に制定されました。青い三角形は島嶼部と大陸部の領土を隔てるギニア湾を、緑は伝統産業である農業を、白は国家の平和を、赤は独立のために流された血を象徴します。中央の国章は、赤道ギニアで神の木として称えられるカポック(パンヤ)の木、大陸部および5つの主要島嶼を表す6つの星で構成されており、下部のリボンには国の第一公用語であるスペイン語で「統一、平和、正義」という国の標語が書かれています。国章は初代大統領マシアス・ンゲマにより1973年に変更されましたが、同政権が打倒された1979年に元に戻されています。

赤道ギニアの地図

国旗の色(色番号)

#e3e1de #0469c9 #2f8f04 #dc1a12

赤道ギニア国旗の意味や由来

赤道ギニア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

赤道ギニア国旗の由来

マシアス・ンゲマ初代大統領のもとで1973年に制定された初代国旗は、中央の国章がカポックの木をモチーフとしたものから、2種類の伝統的な武器を交差させ、上部にニワトリを置いたものに変更されました。下部の帯には現国章に見られる「統一、平和、正義」に加え、その上に「労働」と書かれた帯が追加されています。1979年にマシアス・ンゲマ政権が崩壊したのに伴い、独立当初の国旗が復活。赤道ギニアの国旗は1968年の独立と同時に制定されました。青い三角形は島嶼部と大陸部の領土を隔てるギニア湾を、緑は伝統産業である農業を、白は国家の平和を、赤は独立のために流された血を象徴します。中央の国章は、赤道ギニアで神の木として称えられるカポック(パンヤ)の木、大陸部および5つの主要島嶼を表す6つの星で構成されており、下部のリボンには国の第一公用語であるスペイン語で「統一、平和、正義」という国の標語が書かれています。国章は初代大統領マシアス・ンゲマにより1973年に変更されましたが、同政権が打倒された1979年に元に戻されています。

誕生した背景

独立後の赤道ギニアは、首都こそ植民地時代に開発が進んでいたビオコ島に置かれたものの、ファン族出身の初代大統領マシアス・ンゲマによる独裁体制下で急速にファン族の地位が高まり、危機感を覚えたブビ族が分離運動を展開。もとより細々とカカオやコーヒーなどの換金作物を輸出する程度の経済力しかなかったこの地は、独裁による恣意的な経済政策と政情不安もあって一気に困窮化しました。この政権は1979年、マシアスの甥であるテオドロ・オビアン・ンゲマ率いるクーデターで崩壊したものの、今度は彼が軍事政権を長期化させ、1982年に新憲法を制定して民政移管を果たした後も自ら第2代大統領に就任。1987年には自身の独裁政権の支持母体として赤道ギニア民主党(PDGE)を結成し、権力基盤を強化しました。1991年には形式的に複数政党制を導入したものの、その後もPDGEはブビ族の分離要求や体制に批判的な野党を弾圧しながら、現在に至るまで政権を維持しており、内外からその権威主義的な体制を批判されています。

国の特色・人種構成

特色:アフリカ中部の赤道ギニアは、その名の通り赤道のすぐ北側に位置する熱帯の国です。国土は首都マラボを擁するビオコ島などの島嶼部と、大陸部のムビニ(リオムニ)地方に大別されますが、大陸部に領土を持ちながら島嶼部に首都を置く国は大変珍しく、赤道ギニアの他には北欧のデンマークしかありません。赤道ギニアの領土がこのような特異な形をしているのは、18世紀よりこの地を領有していたスペインが円滑な植民地経営を行うため、1926年に占領下の両地を「スペイン領ギニア」の名で統合したのが発端です。

人種構成:ファン人、ブビ人などバントゥー系の黒人諸部族がほとんどです。

赤道ギニア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

赤道ギニアのフリー素材1

その他のアフリカ大陸の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する。5人目のアイスランドが近日公開!

Dragon and Tiger Brothers of the Orient

亜細亜の龍

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。