エリトリアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

エリトリアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、エリトリア国旗イラスト素材などを解説いたします。

エリトリアの国旗

国名の正式名称

エリトリア国

エリトリアを表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

緑は農産物の恵みとそれをもたらす国土、赤は独立のために流された血、青はエリトリアが面する紅海を表します。赤はホイスト側からフライ側にかけて徐々に細くなっていきますが、これには流血がいずれなくなってほしいという願いが込められています。赤の部分にあるオリーブの標章は、かつてエチオピアと連邦を組んでいた時代に使われた地域旗からとられたものであり、独立の獲得と未来への展望を表します。

国旗の特徴

エリトリアの国旗には、独立戦争を主導したEPLFの組織旗をモチーフとした旗が採用されました。緑は農産物の恵みとそれをもたらす国土、赤は独立のために流された血、青はエリトリアが面する紅海を表します。赤はホイスト側からフライ側にかけて徐々に細くなっていきますが、これには流血がいずれなくなってほしいという願いが込められています。赤の部分にあるオリーブの標章は、かつてエチオピアと連邦を組んでいた時代に使われた地域旗からとられたものであり、独立の獲得と未来への展望を表します。1993年の制定当時の縦横比は2対3でしたが、1995年に1対2へと変更されました。ちなみにEPLFの組織旗は、オリーブの標章が黄色い五芒星になったものです。EPLFは1994年に民主正義人民戦線(PFDJ)と改称して政党となり、今も一党制のもとでエリトリアを統治しています。

エリトリアの地図

国旗の色(色番号)

#3980da #10a525 #fbbc22 #e30430

エリトリア国旗の意味や由来

エリトリア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

エリトリア国旗の由来

エリトリアの国旗には、独立戦争を主導したEPLFの組織旗をモチーフとした旗が採用されました。緑は農産物の恵みとそれをもたらす国土、赤は独立のために流された血、青はエリトリアが面する紅海を表します。赤はホイスト側からフライ側にかけて徐々に細くなっていきますが、これには流血がいずれなくなってほしいという願いが込められています。赤の部分にあるオリーブの標章は、かつてエチオピアと連邦を組んでいた時代に使われた地域旗からとられたものであり、独立の獲得と未来への展望を表します。1993年の制定当時の縦横比は2対3でしたが、1995年に1対2へと変更されました。ちなみにEPLFの組織旗は、オリーブの標章が黄色い五芒星になったものです。EPLFは1994年に民主正義人民戦線(PFDJ)と改称して政党となり、今も一党制のもとでエリトリアを統治しています。

誕生した背景

1962年にエチオピア軍の包囲に屈して解散し、同年のうちに連邦制は廃止。エリトリアはエチオピアを構成する州の1つとして併合されてしまいました。この頃から、エリトリアの独立を目指す武装組織が次々と設立され、エチオピアに対する反政府闘争を開始。1970年代後半より闘争の主導権を握ったエリトリア人民解放戦線(EPLF)は、帝政崩壊後の独裁政権に反発していたエチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)と共闘し、1991年にはEPLFがエリトリアの首都アスマラを、EPRDFがエチオピアの首都アディスアベバをそれぞれ制圧。その後、EPRDFが樹立したエチオピア暫定政権は、EPLFがエリトリアを管理下に置くことを認め、将来的な独立も約束。2年後の1993年に住民投票を経てエリトリア国として正式に独立し、約30年間続いた独立戦争はようやく終わりました。

国の特色・人種構成

特色:アフリカ北東部に位置するエリトリアは、1993年にエチオピアから独立した国です。国土は全体的に乾燥しており、農耕には適しませんが、地中海とインド洋を結ぶ紅海に面するため、古くから交通の要衝として様々な民族の支配を受けました。16世紀頃からはエチオピアの勢力下に置かれたものの、1869年にエジプトでスエズ運河が開通するとこの地の重要性が格段に上がり、ヨーロッパ列強も領有を狙います。特にイタリアが積極的に進出を進め、1889年にエチオピアとウッチャリ条約を締結し、エチオピアにこの地域の割譲を認めさせました。更に翌年、イタリアの入植者によりラテン語由来のエリトリアという名が付けられ、これが現在まで国名として使用されています。第二次大戦中の1941年、当時イタリアの敵国だったイギリスがエリトリアを占領したため、50年近くに及んだイタリアによる支配は終焉。その後、暫定的にイギリスの保護領となり、1952年には国連決議に基づきエチオピアと対等な関係で連邦を結成しました。

人種構成:
黒人諸民族99% ティグリニャ人55% ティグレ人30% サホ人4% クナマ人2ビレン人2%
ラシャイダ人2%など

エリトリア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

エリトリアのフリー素材1

エリトリア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

エリトリアのフリー画像

その他のアフリカ大陸の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

4kings of North

北欧四十字(北欧四天王)

北欧の四天王。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。