エチオピアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

エチオピアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、エチオピア国旗イラスト素材などを解説いたします。

エチオピアの国旗

国名の正式名称

エチオピア連邦民主共和国

エチオピアを表す漢字一文字

誕生年

1991年

国旗の色の意味

汎アフリカ色とも言われるこのエチオピアの国旗の色の意味は緑が労働、肥沃な土地、発展を表しています。黄色は希望や正義、赤は自由と平等を求め犠牲となった先祖の血を表しています。 中央の国章は、青の円に、光線を発している金色の五芒星を含んでいるデザインです。この五芒星は、旧エチオピアの皇族の先祖だとされるソロモン王の紋章が起源とされており、今日では、五芒星は人々の結束とエチオピアの愛国心を表しています。 五芒星の周りの光線は輝ける繁栄を表し、青い円は平和を表しています。

国旗の特徴

エチオピアの国旗は、中央に青い国章を描いた緑・黄・赤の三色国旗です。この三色は汎アフリカ色として多くのアフリカの国がこの3色を国旗に反映しており、それはエチオピアが植民地時代にも抵抗運動を続け独立を勝ち取ったことに由来します。 緑、黄、赤の三色はメネリク2世にまで遡り、1895年に初めて国旗として用いられていました。中央の国章はソロモン王の印章をモチーフとした五芒星が1996年に国旗に加わりました。 現在の国章は、青の円に、光線を発している金色の五芒星を含んでいるデザインです。この五芒星は、旧エチオピアの皇族の先祖だとされるソロモン王の紋章が起源とされており、今日では、五芒星は人々の結束とエチオピアの愛国心を表しています。 五芒星の周りの光線は輝ける繁栄を表し、青い円は平和を表しています。

エチオピアの地図

国旗の色(色番号)

#fada12 #e03c24 #dc3123 #059bd5

エチオピア国旗の意味や由来

エチオピア国旗の意味や由来をまとめました。

エチオピア国旗の由来

エチオピアの歴史はアフリカの中でも特殊な国で、古代から中世にかけては様々な国が荒廃を繰り返しましたが1137年にザグウェ朝エチオピア帝国が誕生すると現在まで若干の形を変えつつエチオピアは存続を続けました。現在のエチオピアおよびエリトリアにほぼ一致する領域を支配し、最大版図は現在のソマリア、ジブチ、ケニア、スーダン、南スーダン、エジプト、アラビア半島の一部まで及びました。その時代が15世紀のゼラ・ヤコブが最盛期でした。

その後100年間は安定の期間がありましたが、ソロモン朝の勢力は16世紀には急激に衰退し、王族、貴族、軍による激しい列強争いの時代が到来し数十年に渡り泥沼の権力闘争が始まりました。一時的に安定はするものの統治者が死亡するとまた権力闘争が始まるなど不安定な時代が続きました。このまさに戦国時代のようなエチオピアを統一したのが、テオドロス2世であり、国を統一し近代化に向けて動き出しました。その際に国旗を制定しエチオピア帝国の旗はリボンで飾られた十字架を持つ旧約聖書に登場する「ユダのライオン」を中央に描いた緑・黄・赤の横三色旗でした。統治されたエチオピア帝国を任されたメリク2世は、19世紀の末に2度に渡りイタリアの侵略を受けましたが、2度とも跳ね返し第1次エチオピア戦争に勝利しました。このことにより列強各国のアフリカ分割統治がなされず、エチオピアはアフリカの黒人国家で戦って独立を守り抜きました。

しかし、1935年に再度イタリアが過剰人口をエチオピアに移植させるために侵略戦争を起こし、第2次エチオピア戦争が始まりました。この時エチオピアはイタリアに敗北し、植民地化されてしまいます。エチオピアはゲリラがイタリアに対するレジスタンス活動を行うも中々独立は回復できませんでしたが、1941年の第2次世界大戦中にイギリス軍の協力もあり再度独立に成功しまし、そのままイタリアが所属していた枢軸国に宣戦布告をしました。

その後はエリトリアと共同でエチオピア・エリトリア連邦を設立したが、1962年にはエリトリアを州として併合すると冷戦期にデモが活発化し、帝政から社会主義国家になり、1995年に現在のエチオピア連邦民主共和国が誕生し、国旗も制定されました。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

エチオピアは長い間、帝国としてその地位を確たるものとしてきました。その証拠として第1次エチオピア戦争では、侵略国であるイタリアから見事に独立を守り切りました。そのため領土をアフリカで分割されない数少ない国の一つでした。しかし、第2次エチオピア戦争では敗北し、イタリア領となったために国旗も変更されました。この時の旗は、白い十字を入れた青い縁取りのある赤い盾を中央に描き緑・白・赤の縦三色国旗に変更され名前もエチオピアではなく、イタリア領東アフリカと呼ばれました。

イタリアに敗北したエチオピアですが、レジスタンス運動と第2次世界大戦でイギリスとイタリアが戦争状態になったことも幸いし、エチオピア・エリトリア連邦といて再度独立しましたが、帝政はまだ維持されたままであり内部ではクーデターも発生していました。独立を果たしたことで、国旗を再度変更することになり、そのデザインは帝国時代と似ており皇帝冠を被り国旗カラーのリボン付き十字架を持つライオンを中心に描いた緑・黄・赤の横三色国旗に変更されました。

エチオピア内部に帝政による不満が徐々に大きくなっていた1973年にオイルショックが発生や反政府運動が活発化し1975年に最後の皇帝が逮捕され帝政は完全に廃止されました。帝政廃止後はエチオピア人民民主主義人民共和国が樹立されました。この国旗は、中央に社会主義国家型国章を中央に描いた緑・黄・赤の横三色国旗です。社会主義型国章とは、五角星、陽光、歯車、ライオンの頭、1世紀の都にあったアクサム塔、ヤシの葉と銀クラスターの葉のリースを描いたものです。その後はエチオピアの反政府勢力が新体制を確立し、1995年8月には新憲法が制定され、ネガソ・ギダダ情報相が正式大統領に任命され現在の国旗に変更されました。

誕生した背景

国名のエチオピアは、ギリシャ語の「日に焼けた」という意味のアエオティプスにちなむが、これはエチオピア人の肌の色に由来しており、本来の意味はアフリカ大陸の広範囲に渡る地域を指します。ヨーロッパ人にはアビシニアと呼ばれていたが、1270年から1974年までの長きにわたりエチオピア帝国と称してきました。

1974年のクーデターの後、1987年まで社会主義エチオピア、1991年までエチオピア人民民主共和国と称し、1995年の憲法改正によりエチオピアとなったが、1995年に再度の憲法改正により現在のエチオピア連邦民主共和国となりました。

国の特色・人種構成

エチオピア国民の大多数は黒人とアラブ人の混血のエチオピア人種で占められていて、エチオピア帝国時代から続いている民族のひとつです。その他約80の民族集団が存在している多民族国家。エチオピアはその多民族国家ゆえに他では見られないような特殊な身体構造を持った民族もぞんざいしており、その特徴はカニの足のように二本指で構成されており木登りに適しているという特徴をもっています。

エチオピアは多民族国家ため、それぞれの民族が独自の言語を使用しており、正式に公用語として決められてはいないが、連邦政府はアムハラ語を使用することが憲法で決められているため、実質的公用語はアムハラ語を使用しています。このように独自言語を使用しているのもめずらしく、エチオピアは欧米からの独立を守り切った影響が非常に大きいのです。

エチオピアの国旗

エチオピア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

エチオピアのフリー素材1
エチオピアのフリー素材2

エチオピア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

エチオピアのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。