ガンビアについて

国旗の由来

1965年の独立と同時に制定された国旗は、共和制移行や独立後2度にわたるクーデター、セネガルとの国家連合時代を経ても変わらず、現在まで用いられています。この旗はガンビアの地理を端的に表しており、青は国名の由来ともなっているガンビア川を、赤は太陽とサバンナを、緑は森林に覆われた国土と農業を意味します。また、それぞれの色の間には、国民の団結と平和を表す白が配されています。地図や紋章による詳細な描写を用いず、たった4色で国土を図案化しているシンプルなデザインが、旗章学者にはもっぱら好評とのこと。

国旗の特徴

1965年の独立と同時に制定された国旗は、共和制移行や独立後2度にわたるクーデター、セネガルとの国家連合時代を経ても変わらず、現在まで用いられています。この旗はガンビアの地理を端的に表しており、青は国名の由来ともなっているガンビア川を、赤は太陽とサバンナを、緑は森林に覆われた国土と農業を意味します。また、それぞれの色の間には、国民の団結と平和を表す白が配されています。地図や紋章による詳細な描写を用いず、たった4色で国土を図案化しているシンプルなデザインが、旗章学者にはもっぱら好評とのこと。

国旗の色の意味

青は国名の由来ともなっているガンビア川を、赤は太陽とサバンナを、緑は森林に覆われた国土と農業を意味します。また、それぞれの色の間には、国民の団結と平和を表す白が配されています。