ギニアビサウについて

国旗の由来

ギニアビサウの国旗は、正式な独立に先駆けて樹立された暫定政府の旗として1973年に制定されました。この旗は独立後しばらく一党制のもとで国家を統治し、現在もなお有力政党の1つとして大きな影響力を持っているPAIGCの党旗をモチーフとしたもので、ギニアビサウとの統合を目指していたカーボベルデの初代国旗もこれと似たデザインでした。緑、黄、赤の配色は汎アフリカ色と呼ばれ、アフリカの多くの国が用いており、赤は独立のために流された血、黄は天然資源と太陽の光、緑は農業と希望を表します。ホイスト側に配された黒い星は、国民のほとんどを占めるアフリカ系黒人の団結と統一を意味するとも、首都ビサウの国土における位置を指し示しているともいわれます。

国旗の特徴

ギニアビサウの国旗は、正式な独立に先駆けて樹立された暫定政府の旗として1973年に制定されました。この旗は独立後しばらく一党制のもとで国家を統治し、現在もなお有力政党の1つとして大きな影響力を持っているPAIGCの党旗をモチーフとしたもので、ギニアビサウとの統合を目指していたカーボベルデの初代国旗もこれと似たデザインでした。緑、黄、赤の配色は汎アフリカ色と呼ばれ、アフリカの多くの国が用いており、赤は独立のために流された血、黄は天然資源と太陽の光、緑は農業と希望を表します。ホイスト側に配された黒い星は、国民のほとんどを占めるアフリカ系黒人の団結と統一を意味するとも、首都ビサウの国土における位置を指し示しているともいわれます

国旗の色の意味

緑、黄、赤の配色は汎アフリカ色と呼ばれ、アフリカの多くの国が用いており、赤は独立のために流された血、黄は天然資源と太陽の光、緑は農業と希望を表します。ホイスト側に配された黒い星は、国民のほとんどを占めるアフリカ系黒人の団結と統一を意味するとも、首都ビサウの国土における位置を指し示しているともいわれます。