ギニアビサウの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ギニアビサウの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ギニアビサウ国旗イラスト素材などを解説いたします。

ギニアビサウの国旗

国名の正式名称

ギニアビサウ共和国

ギニアビサウを表す漢字一文字

国旗の色の意味

緑、黄、赤の配色は汎アフリカ色と呼ばれ、アフリカの多くの国が用いており、赤は独立のために流された血、黄は天然資源と太陽の光、緑は農業と希望を表します。ホイスト側に配された黒い星は、国民のほとんどを占めるアフリカ系黒人の団結と統一を意味するとも、首都ビサウの国土における位置を指し示しているともいわれます。

国旗の特徴

ギニアビサウの国旗は、正式な独立に先駆けて樹立された暫定政府の旗として1973年に制定されました。この旗は独立後しばらく一党制のもとで国家を統治し、現在もなお有力政党の1つとして大きな影響力を持っているPAIGCの党旗をモチーフとしたもので、ギニアビサウとの統合を目指していたカーボベルデの初代国旗もこれと似たデザインでした。緑、黄、赤の配色は汎アフリカ色と呼ばれ、アフリカの多くの国が用いており、赤は独立のために流された血、黄は天然資源と太陽の光、緑は農業と希望を表します。ホイスト側に配された黒い星は、国民のほとんどを占めるアフリカ系黒人の団結と統一を意味するとも、首都ビサウの国土における位置を指し示しているともいわれます

ギニアビサウの地図

国旗の色(色番号)

#cc1424 #c80922 #0d0404 #049643

ギニアビサウ国旗の意味や由来

ギニアビサウ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ギニアビサウ国旗の由来

ギニアビサウの国旗は、正式な独立に先駆けて樹立された暫定政府の旗として1973年に制定されました。この旗は独立後しばらく一党制のもとで国家を統治し、現在もなお有力政党の1つとして大きな影響力を持っているPAIGCの党旗をモチーフとしたもので、ギニアビサウとの統合を目指していたカーボベルデの初代国旗もこれと似たデザインでした。緑、黄、赤の配色は汎アフリカ色と呼ばれ、アフリカの多くの国が用いており、赤は独立のために流された血、黄は天然資源と太陽の光、緑は農業と希望を表します。ホイスト側に配された黒い星は、国民のほとんどを占めるアフリカ系黒人の団結と統一を意味するとも、首都ビサウの国土における位置を指し示しているともいわれます。

誕生した背景

ポルトガル領ギニアでは前年の1973年、既にPAIGCがギニアビサウ国の名で暫定政府を組織して独立に向けた準備が進められており、この革命を受けて成立した本国の新政権により正式に独立が承認され、カーボベルデも翌1975年に独立を達成しています。1977年には暫定名称であるギニアビサウ国から、現在のギニアビサウ共和国へと改称しました。

独立後の両国は将来的な統合を前提とし、PAIGCの一党制下で緊密な関係を維持しましたが、1980年にギニアビサウでクーデターが発生すると、両国関係は急速に冷え込みます。というのも、このクーデターで失脚したルイス・カブラルは、カーボベルデ人の両親を持ちながらギニアビサウの初代大統領になったという異色の人物であり、両国の統合計画においては最大の推進者として知られていたのです。クーデターの背景には、カブラルを始めとするカーボベルデ系の政治家がPAIGCの主導権を握っていることに対するギニアビサウ人の強い反発があり、一方のカーボベルデ人は自国にルーツを持つ者が政権から排除されたことを大いに非難しました。これを機に両国は国交を断絶(1982年修復)し、統合計画は白紙化。ギニアビサウとカーボベルデとは別の国として歩むことになりました。

国の特色・人種構成

特色:ギニアビサウはアフリカ大陸西部に位置し、大西洋に面する国です。この国は15世紀よりポルトガルの植民地支配下に置かれ、長い間カーボベルデ(同じくポルトガル領)の付属地として扱われてきましたが、1879年にポルトガル領ギニアの名で単独の植民地に昇格しました。独立運動は第二次大戦後から本格化し、1956年になるとカーボベルデ人の主導でギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)が結成され、ポルトガル軍相手に激しい戦闘を展開。

人種構成:黒人諸部族がほとんどで、バランタ族が人口の3割、フラニ族が同2割を占める二大民族となっているほか、マンジャカ族、マンディンカ族、パペル族など多くの部族が存在する。他にムラート(黒人と白人の混血)もわずかにおり、その多くはカーボベルデ系である。非黒人は極めて少ないが、白人(ほとんどがポルトガル人)も都市部に居住している。

ギニアビサウ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ギニアビサウのフリー素材1

その他のアフリカ大陸の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Four Northern Kings

北欧四十字(北欧四天王)

北欧の四天王。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Dragon and Tiger Brothers of the Orient

亜細亜の龍

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。