ギニアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ギニアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ギニア国旗イラスト素材などを解説いたします。

ギニアの国旗

国名の正式名称

ギニア共和国

ギニアを表す漢字一文字

誕生年

1958

国旗の色の意味

発色がよく、赤黄色緑というギニアの気候も連想できるカラーリングです。 赤は独立のために流された血を、黄は水をたたえた肥沃な国土、ボーキサイトを中心とする天然資源、そして燦々と照りつける太陽の光を、緑はギニアの主要産業である農業と豊かな植生、および将来への希望を表します。また、これらの三色は汎アフリカ色と呼ばれ、ギニアを含む多くのアフリカ諸国が国旗に用いています。

国旗の特徴

ギニアの国旗は1958年の独立と同時に制定されたもので、フランス国旗の影響を受けた横三色旗となっています。配色はかつて独立運動を主導していたトゥーレ氏が死去する1984年まで26年もの長期政権を率いたPDGの旧党旗から用いられており、赤は独立のために流された血を、黄は水をたたえた肥沃な国土、ボーキサイトを中心とする天然資源、そして燦々と照りつける太陽の光を、緑はギニアの主要産業である農業と豊かな植生、および将来への希望を表します。また、これらの三色は汎アフリカ色と呼ばれ、ギニアを含む多くのアフリカ諸国が国旗に用いています。ギニア独立前年の1957年にガーナ(旧イギリス領)が独立していますが、トゥーレは独立前からガーナのクワメ・エンクルマ初代大統領と密接な協力関係を築いており、独立にあたってギニアがガーナ国旗の配色を参考にした、という説もあります。

ギニアの地図

国旗の色(色番号)

#048453 #cc0f23 #c40c21 #048c54

ギニア国旗の意味や由来

ギニア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ギニア国旗の由来

ギニアの国旗は1958年の独立と同時に制定されたもので、フランス国旗の影響を受けた横三色旗となっています。配色はかつて独立運動を主導していたトゥーレ氏が死去する1984年まで26年もの長期政権を率いたPDGの旧党旗から用いられており、赤は独立のために流された血を、黄は水をたたえた肥沃な国土、ボーキサイトを中心とする天然資源、そして燦々と照りつける太陽の光を、緑はギニアの主要産業である農業と豊かな植生、および将来への希望を表します。また、これらの三色は汎アフリカ色と呼ばれ、ギニアを含む多くのアフリカ諸国が国旗に用いています。

誕生した背景

1904年には西アフリカの広大なフランス領諸地域がフランス領西アフリカとして統合され、ギニアもこれを構成する一地域となっています。
第二次大戦後、ギニアの独立運動はサモリ・トゥーレの曾孫(ひ孫)であるセク・トゥーレが主導し、彼が率いるギニア民主党(PDG)が現地住民の間で急速に支持を拡大。1958年に正式な独立を達成しました。

国の特色・人種構成

特色:西アフリカのギニアは、アフリカ大陸の中でもとりわけ降雨に恵まれた国であり、その豊かな水資源から「アフリカの水がめ」と呼ばれるほか、アルミニウムの原料となるボーキサイトの世界的な産出国として知られます。

人種構成:フラニ族、マリンケ族、スースー族、クペレ族、キッシ族、ジュラ族など。

ギニア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ギニアのフリー素材1

ギニア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ギニアのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。