ギニアについて

国旗の特徴

ギニアの国旗は1958年の独立と同時に制定されたもので、フランス国旗の影響を受けた横三色旗となっています。配色はかつて独立運動を主導していたトゥーレ氏が死去する1984年まで26年もの長期政権を率いたPDGの旧党旗から用いられており、赤は独立のために流された血を、黄は水をたたえた肥沃な国土、ボーキサイトを中心とする天然資源、そして燦々と照りつける太陽の光を、緑はギニアの主要産業である農業と豊かな植生、および将来への希望を表します。また、これらの三色は汎アフリカ色と呼ばれ、ギニアを含む多くのアフリカ諸国が国旗に用いています。ギニア独立前年の1957年にガーナ(旧イギリス領)が独立していますが、トゥーレは独立前からガーナのクワメ・エンクルマ初代大統領と密接な協力関係を築いており、独立にあたってギニアがガーナ国旗の配色を参考にした、という説もあります。

国旗の色の意味

発色がよく、赤黄色緑というギニアの気候も連想できるカラーリングです。 赤は独立のために流された血を、黄は水をたたえた肥沃な国土、ボーキサイトを中心とする天然資源、そして燦々と照りつける太陽の光を、緑はギニアの主要産業である農業と豊かな植生、および将来への希望を表します。また、これらの三色は汎アフリカ色と呼ばれ、ギニアを含む多くのアフリカ諸国が国旗に用いています。

Translate »