レソトについて

国旗の由来

現在の国旗は3代目に当たり、独立40周年を記念して2006年に制定されました。青は「天空の王国」たるレソトが戴く広大な空と豊かな雨、白は平和、緑は肥沃な国土と国家の繁栄、黒はレソトがアフリカの黒人国家の一員であることを表します。また同時に、白・青・緑はレソトが独立以来一貫して国旗に用い続けた民族色でもあります。中央に置かれているのはモコロトロ(英語でBasotho hat)と呼ばれるソト人の伝統的な装束帽で、麦わら編みの円錐形を特徴とし、国内では国王と民族の権威を象徴する存在として広く普及しています。

国旗の特徴

世界的に珍しい白青緑のカラーリングに真ん中に独立時のレソト人の帽子が配されています。現在の国旗は3代目に当たり、独立40周年を記念して2006年に制定されました。青は「天空の王国」たるレソトが戴く広大な空と豊かな雨、白は平和、緑は肥沃な国土と国家の繁栄、黒はレソトがアフリカの黒人国家の一員であることを表します。また同時に、白・青・緑はレソトが独立以来一貫して国旗に用い続けた民族色でもあります。中央に置かれているのはモコロトロ(英語でBasotho hat)と呼ばれるソト人の伝統的な装束帽で、麦わら編みの円錐形を特徴とし、国内では国王と民族の権威を象徴する存在として広く普及しています。

国旗の色の意味

青は「天空の王国」たるレソトが戴く広大な空と豊かな雨、白は平和、緑は肥沃な国土と国家の繁栄、黒はレソトがアフリカの黒人国家の一員であることを表します。また同時に、白・青・緑はレソトが独立以来一貫して国旗に用い続けた民族色でもあります。