リベリアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

リベリアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、リベリア国旗イラスト素材などを解説いたします。

リベリアの国旗

国名の正式名称

リベリア共和国

リベリアを表す漢字一文字

誕生年

1847

国旗の色の意味

カラーリングからデザインにわたりアメリカ合衆国の星条旗に似ています。 そのデザインとカラーリングにおいて、赤と白の11本の縞は、独立宣言のときに署名をした11人を表しています。また、赤は国家の、国民の勇気を、白は純粋な汚れなき精神、誠実さを表しています。白の星はアフリカで唯一の独立国であったこと表しています。

国旗の特徴

あまりかの星条旗とリベリアの国旗が似ているといわれており、ルーツとして酷似しています。アフリカに位置するリベリアの国旗は、アメリカの星条旗を手本に作られたと言われています。その理由としては、アメリカで奴隷として扱われていた人々が解放され、リベリアで独立を果たした国であるためとされています。 19世紀初めになると、アメリカ国内では奴隷として連れて来られた黒人を故郷に帰すための運動が行われるようになりました。そして、アメリカ植民地協会によって、リベリアの土地を購入して、その地に解放された人々を移住させたのです。 リベリアという名も、英語で自由を意味する「リバティー」に由来しています。そして、赤と白の11本のストライプはリベリアの独立宣言書に署名した人数を表しています。

リベリアの地図

国旗の色(色番号)

#042444 #ecd3d6 #041634 #df7281

リベリア国旗の意味や由来

リベリア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

リベリア国旗の由来

リベリアの国旗はアメリカの星条旗をもとにデザインされています。赤と白の11本の縞は、独立宣言のときに署名をした11人を表しています。また、赤は国家の、国民の勇気を、白は純粋な汚れなき精神、誠実さを表しています。白の星はアフリカで唯一の独立国であったこと表しています。

誕生した背景

「リベリア」はアメリカ合衆国の解放奴隷を入植させる目的で建設された国とされています。アメリカ合衆国全体で奴隷制度が廃止となったのは南北戦争が終結した1865年のことでありますが、それ以前に個々の事情によって解放奴隷となった黒人をアフリカに送り返すとの目的でアメリカの白人有志が「アメリカ植民協会」を創設したのが1816年、最初の移民団がアフリカに帰還したのが22年のことでした。
正式にアメリカから独立したのは1847年7月26日です。この「リベリア共和国」はアメリカ合衆国憲法をモデルにした憲法を持つ「アフリカ史上初の共和国」といわれ、初代大統領はムラート(白人と黒人の混血)のジョセフ・ジェンキンズ・ロバーツという人物で2院制の議会を持っていました。大統領の任期は2年、閣僚は上院の承認により大統領が任命しました。

国の特色・人種構成

特色:アフリカ史上初の共和国です。

人種構成:アフリカ系の先住民であり、主な民族としてクペレ族、バッサ族、クル族、ゴラ族、ギオ族、マノ族、クラン族、ヴァイ族、グレボ族、キッシ族、ロマ族、マンディゴ族など16の部族がいます。

リベリア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

リベリアのフリー素材1

リベリア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

リベリアのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。