リベリアについて

国旗の由来

リベリアの国旗はアメリカの星条旗をもとにデザインされています。赤と白の11本の縞は、独立宣言のときに署名をした11人を表しています。また、赤は国家の、国民の勇気を、白は純粋な汚れなき精神、誠実さを表しています。白の星はアフリカで唯一の独立国であったこと表しています。

国旗の特徴

あまりかの星条旗とリベリアの国旗が似ているといわれており、ルーツとして酷似しています。アフリカに位置するリベリアの国旗は、アメリカの星条旗を手本に作られたと言われています。その理由としては、アメリカで奴隷として扱われていた人々が解放され、リベリアで独立を果たした国であるためとされています。 19世紀初めになると、アメリカ国内では奴隷として連れて来られた黒人を故郷に帰すための運動が行われるようになりました。そして、アメリカ植民地協会によって、リベリアの土地を購入して、その地に解放された人々を移住させたのです。 リベリアという名も、英語で自由を意味する「リバティー」に由来しています。そして、赤と白の11本のストライプはリベリアの独立宣言書に署名した人数を表しています。

国旗の色の意味

カラーリングからデザインにわたりアメリカ合衆国の星条旗に似ています。 そのデザインとカラーリングにおいて、赤と白の11本の縞は、独立宣言のときに署名をした11人を表しています。また、赤は国家の、国民の勇気を、白は純粋な汚れなき精神、誠実さを表しています。白の星はアフリカで唯一の独立国であったこと表しています。

Translate »