モーリタニアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

モーリタニアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、モーリタニア国旗イラスト素材などを解説いたします。

モーリタニアの国旗

国名の正式名称

モーリタニア・イスラム共和国

モーリタニアを表す漢字一文字

誕生年

1960

国旗の色の意味

2017年、現国旗に変更(それ以前の旧国旗には上下に配されている赤い帯はなし)。 メインカラーの緑はイスラムカラーの色としてを、黄色はサハラ砂漠の砂を意味し、赤は独立のために多く流された国民の血への悲しみと敬意を表している。中央にイスラム教のシンボルである三日月と星を配している。

国旗の特徴

まさにイスラムカラーであるグリーンがメインに配された、その印象が強く目に飛び込むデザインが印象的なモーリタニアの国旗です。 配色はグリーン、イエロー、レッドのラスタ3原色ですが、この国の最も重要で主要な宗教であるイスラム教のシンボルの三日月と星が中央にしっかりと配されています。 イスラム関連の国旗というのは、ある程度、一目見れば分かってしまう仕上がりとなっています。

モーリタニアの地図

国旗の色(色番号)

#1bb434 #fbcb14 #1cac34 #16a72c

モーリタニア国旗の意味や由来

モーリタニア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

モーリタニア国旗の由来

緑の地に黄色の新月と星はイスラム教のシンボルの色と図柄で、イスラム教国を象徴しています。また、黄色はサハラ砂漠を表し、緑は未来への明るい望みと砂漠地帯の緑化の願いを込めています。 1959年に採用された。新しい現在の国旗は2017年8月5日に実施された憲法改正で決定され、8月15日に採択されたものです。
ちなみに国名はギリシャ語でマウロス「皮膚の黒い人」と呼ばれたモール人(北アフリカのイスラム教徒のことでムーア人ともいう)の呼称に由来しています。 1904年にフランス領、1958年フランス共同体内の自治共和国となり、1960年に独立しました。

誕生した背景

第二次終戦の後半、フランスの植民地各国で独立運動が高まりだしていたころ、1946年フランスはまだ独立から縁遠いとはいえど、わずかに独立承認を暗示の方向へ、フランス連邦制令を発布する運びになりました。1957年にフランス国会の承認を得たのちに、1958年、フランスはモーリタニアの独立承認書を提示しました。そしてついに1960年11月28日、モーリタニアイスラム共和国が建国され、国民議会から選ばれた政府審議委員によって弁護士モクタール・ウルド・ダダ(Moktar Ould Daddah)が国家副代表に任命されました。

国の特色・人種構成

特色:国土の大半をサハラ砂漠が占める一方、沿岸部には西アフリカ屈指の好漁場を持ち、水産資源が主要な外貨収入源となっています。日本の技術協力でタコつぼ漁が広まった経緯もあり、水揚げされるタコの約6割は日本へ輸出され、日本側から見れば、輸入するタコの約4割がモーリタニア産とされています。

言語は、アラビア語(公用語、国語),プラール語,ソニンケ語,ウォロフ語(いずれも国語)。なお、実務言語としてフランス語が広く使われている。

人種構成:最重要なのがイスラム教の国で、それは国旗にもあらわされています。

モーリタニア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

モーリタニアのフリー素材1

モーリタニア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

モーリタニアのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。