モザンビークの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

モザンビークの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、モザンビーク国旗イラスト素材などを解説いたします。

モザンビークの国旗

国名の正式名称

モザンビーク共和国

モザンビークを表す漢字一文字

誕生年

1975年

国旗の色の意味

モザンビークの国旗の意味は国の歴史と思想がしっかりと組み込まれている。 まずは色、緑はモザンビークの自然、国土とみどりそのものの豊かさをあらわしている。緑を使う国の多くはやはり自国の国都や自然を表すことが多い。黒は大地、国土ではなく大地としてアフリカ大陸を示している。黄はモザンビークの豊かな鉱物資源をあらわしており、白は純白無垢な平和を、赤は固い意志として、独立への苦闘を象徴している。 赤色の上に描かれている紋章は黄色の星が国民の連帯と社会主義思想強く表現している。AK-47(カラシニコフ小銃)は独立への苦闘、独立にいたるまでの争いと自国を守る強い精神、政治信念として描かれている。鍬は自国の豊かな農業とそれをささえる農民の意味で、本は知性の必要性、教育をあらわしている。 モザンビーク解放戦線を経た時代の象徴として制定、デザインされたモザンビークの国旗にはさまざまな意味合いが含まれている。

国旗の特徴

中東・アフリカ圏で多く見られるカラーリングといえばカラーリングである。 黄色、緑色、黒色、赤色。ラスタカラーにプラス黒色。国旗を一見して「ああ、たぶんアレだな、暑い国なんだろうな」というのはたやすく連想できるカラーリングである。 カラーリングとともに、中東・アフリカ圏でよくみられる形態、デザインでもある。 国旗の左側に三角形を施し、そこから上下三列横ラインがのびるの構成。 三列横ラインの三色が上から緑色、黒色、黄色となっているが、その色の境界に白が施されているのが特徴といえる。赤い三角の中にはAK-47(カラシニコフ小銃)と鍬と本が描かれている。ここからは国のラン上までにいたる、その歴史における深い経緯や思想が感じ取れる。

モザンビークの地図

国旗の色(色番号)

#ca1225 #050404 #cecdb8 #04645a

モザンビーク国旗の意味や由来

モザンビーク国旗の意味や由来をまとめました。

モザンビーク国旗の由来

モザンビーク解放戦線を経た時代の象徴として制定、デザインされたモザンビークの国旗にはさまざまな意味合いや由来が含まれている。モザンビークの国旗の意味は国の歴史と思想がしっかりと組み込まれている。

まずは色、緑はモザンビークの自然、国土とみどりそのものの豊かさをあらわしている。緑を使う国の多くはやはり自国の国都や自然を表すことが多い。黒は大地、国土ではなく大地としてアフリカ大陸を示している。黄はモザンビークの豊かな鉱物資源をあらわしており、白は純白無垢な平和を、赤は固い意志として、独立への苦闘を象徴している。

赤色の上に描かれている紋章は黄色の星が国民の連帯と社会主義思想強く表現している。紋章、模様に関しては、少し歴史を踏まえながら。1498年にポルトガル人のヴァスコ・ダ・ガマが喜望峰を越えてモザンビークの地に到達したのをきっかけに、16世紀初頭より、ポルトガルの植民が始まり、17世紀半ばにはポルトガルの植民地支配が確立し、ポルトガル領東アフリカの首都はモザンビーク島に置かれた。モザンビークからは遥か遠くのブラジルにまで黒人奴隷が連行されていった。

だが19世紀に入りポルトガルの国力が弱体化してくると、イギリス・フランス資本のモザンビーク会社・ニアサ会社・サンベシア会社に開発の権利と司法権を除く自治権を与えた。このためポルトガルが旧宗主国であるにも関わらず、独立後にイギリス連邦の加盟国となるという歴史もあった。

その後第二次世界大戦後のアフリカ諸国のヨーロッパ諸国からの植民地からの独立の波に乗り、1964年9月に、モザンビーク解放戦線(FRELIMO)が武装闘争を開始し、約10年を経てポルトガル本国でのカーネーション革命がきっかけとなり、1975年6月25日に完全独立へ。

内紛や紛争、産業や境的な革命、独立へ階段の長い歴史の中での思想が含まれている。AK-47(カラシニコフ小銃)は独立への苦闘、独立にいたるまでの争いと自国を守る強い精神、政治信念として描かれている。鍬は自国の豊かな農業とそれをささえる農民の意味で、生きる本質としての農業、文化が描かれ、本は知性の必要性、教育の重要性をあらわしている。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

モザンビークでは女性に限りの面白い風習がある。初潮を迎え、女の子から女性となったひとたちが顔を白く塗る風習(ムシロ)がある。褐色の肌の顔を、白く塗るのである。これは美白に見せるとかそういう単純なものではなく、お婿さん探しの一環による風習とされている。何年もの間、家のなかに閉じこもっているモザンビークの少女たちのは、できのいい男と結婚することがなによりの目的という。これに対しモザンビークの男性たちも、顔を白く塗るムシロを快く好意的に感じている。伝統や風習を守る家庭的な女性と判断する材料となっている。

国旗に描かれているAK-47(カラシニコフ小銃)であるが、これにはいくつもの物議があった。この銃は構造が単純で、単純がゆえに壊れにくいという、銃としてはとても優良なシロモノといわれている。それゆえに使い勝手がよくもっとも殺人に使用されていた銃だとという。戦争だけではなくゲリラたちにも愛用されているAK-47。それゆえに量産され、世界中に出回り、人を殺し続けているといわれる銃です。推定、世界中に約1億丁あるとも言われ、単純計算で世界の6人に一人が所有となる。よって「最も多くの人を殺した銃」と呼ばれているのです。しかも、各国の犯罪組織にまで使用されているという始末である。

そんな銃が国旗に使用されるのはどうなのか・・・という物議が多く飛んでいる。

モザンビーク国旗に似てる国旗

これは・・・似ている。うん、これは似ているな・・・。という国旗は数多あるといえばある。モザンビークのそれは、なかなか複雑な様相での似ている似ていないが渦巻いている。

まずデザイン形態として似ている国旗がたくさんある。左側に三角を施してそこから上下三列横ラインがのびるの構成。この上下列の横ラインが2本であったり3本であったり4本や5本、7本であったりはするがこのデザインは特に多く見られる。

ヨルダン、パレスチナ、スーダン、サハラは上下三列横ラインでデザインは格好として同じである。カラーリングパターンが違うため違うものには見えるが格好は同じである。ヨルダンにいたっては左側の三角の中に模様があるところまで似ている。共通点がくっきりと浮かび上がっている。三角に模様、上下三列横ライン、全体バランス、その点で一番似ているのは南スーダンといえる。三角の中に星という共通点が加わり、さらに上下三列横ラインの境界に白を用いているのも同じ。カラーパターンの違いはあれど、モザンビークの国旗に一番近く、似ている国旗は南スーダンといえる。

他にもキューバやプエルトリコ米国自治連邦区の国旗も三角の中の星と構成が似ている。おそらく、一時トレンドとされたデザインなのではと、想起することができる

誕生した背景

誕生の発端は、バンツー人系の民族グループが、現在のモザンビークを含む南アフリカ地域一帯に移住したのが1世紀の終わりごろといわれている。バンツー人は農耕民族系統であったために、この地域に集住し、アフリカ大陸東岸に都市を形成したといわれている。

その後しばらく時は流れ、ヴァスコ・ダ・ガマが1498年にモザンビークの沿岸に到着。この時点で、モザンビークの重要性はインド航路の中継地点としてのものでしかなかった。しかし、2つの要因によってポルトガルはモザンビーク沿岸を直接支配することに主とする活動に力を入れていくことになる。第一に、ポルトガルはこの地における象牙と金の貿易を管理したかったこと。産業として経済面での大きな利益を生むために。第二に、そのためには既存のアラブ・ スワヒリ商人を従わせねばならなかったことがである。支配下に置くということである。ポルトガルは内陸部のアフリカ人を支配下に置き仲介人としての地位を認める代わりにポルトガルの地域における支配的地位を認めるよう要求した。独立がまったく見えてこない時代である。

その後モザンビークは第二次世界大戦中に独立獲得のため、1962年にはモザンビーク解放戦線(Frelimo)がエデュアルド・ モンドラーネを議長にすえて設立された。Frelimoは武力を背景とした交渉によってのみ独立を勝ち取れるという信念に基づき、独立戦争の準備としすでに独立していたアルジェリアに約250名の兵士を送り込み訓練を受けさせるなどをして、1964年にはモザンビーク独立戦争の戦端が開かれた。

その後1974年、首都リスボンでクーデターが起きる。アントニオ・ド・スピノラ率いる国家救済暫定政権が政権につく。暫定政権はすぐに植民地の自治を認めることで膠着した状態を終わらせることを宣言。Frelimoとはザンビアのルサカで講和に署名し移行政府を設置しモザンビークの独立を進めることに、ついに合意した。独立戦争ではアフリカ解放闘争の中でも最も長く血にまみれたものの一つとなってしまい、両陣営で数千人が戦死し、数百万人が国を追われ、経済は崩壊。そこまでの犠牲を払い、手にすることになったのである。そう、1975年 にマチェル・サモアのもとモザンビークは独立を果たした。

国の特色・人種構成

特色:アフリカ大陸の南東部の海沿いに位置する国。インド洋に面して南北に2,000kmも続く美しい海岸線を有しており、場所はマダガスカル島のちょうど対岸にあたる。国土面積は約8万平方キロメートル(日本の約2倍)、人口は約2,883万人。ポルトガル語を公用語としている。

人種構成:マクア人・ロムウェ人がおおよそを占め約40%。マコンデ人、シャンガーン人、ショナ人、スワジ人などのバントゥー系黒人の諸民族が国民全体の99.66%を占める。その他メスチーソ(黒人と白人の混血。ムラート)、インド人、ポルトガル系モザンビーク人を主とする白人と、ごく少数の非黒人系が存在する。

仲の悪い国・仲のいい国

ポルトガル、アメリカ、中国、フィンランドと二国関係を築いている。隣国との友好を掲げている国でもある。

モザンビークの国旗

モザンビーク国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

モザンビークのフリー素材1
モザンビークのフリー素材2

モザンビーク国旗の画像(フリー・商用利用可能)

モザンビークのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。