モザンビークについて

国旗の由来

モザンビーク解放戦線を経た時代の象徴として制定、デザインされたモザンビークの国旗にはさまざまな意味合いや由来が含まれている。モザンビークの国旗の意味は国の歴史と思想がしっかりと組み込まれている。 まずは色、緑はモザンビークの自然、国土とみどりそのものの豊かさをあらわしている。緑を使う国の多くはやはり自国の国都や自然を表すことが多い。黒は大地、国土ではなく大地としてアフリカ大陸を示している。黄はモザンビークの豊かな鉱物資源をあらわしており、白は純白無垢な平和を、赤は固い意志として、独立への苦闘を象徴している。 赤色の上に描かれている紋章は黄色の星が国民の連帯と社会主義思想強く表現している。紋章、模様に関しては、少し歴史を踏まえながら。1498年にポルトガル人のヴァスコ・ダ・ガマが喜望峰を越えてモザンビークの地に到達したのをきっかけに、16世紀初頭より、ポルトガルの植民が始まり、17世紀半ばにはポルトガルの植民地支配が確立し、ポルトガル領東アフリカの首都はモザンビーク島に置かれた。モザンビークからは遥か遠くのブラジルにまで黒人奴隷が連行されていった。 だが19世紀に入りポルトガルの国力が弱体化してくると、イギリス・フランス資本のモザンビーク会社・ニアサ会社・サンベシア会社に開発の権利と司法権を除く自治権を与えた。このためポルトガルが旧宗主国であるにも関わらず、独立後にイギリス連邦の加盟国となるという歴史もあった。 その後第二次世界大戦後のアフリカ諸国のヨーロッパ諸国からの植民地からの独立の波に乗り、1964年9月に、モザンビーク解放戦線(FRELIMO)が武装闘争を開始し、約10年を経てポルトガル本国でのカーネーション革命がきっかけとなり、1975年6月25日に完全独立へ。 内紛や紛争、産業や境的な革命、独立へ階段の長い歴史の中での思想が含まれている。AK-47(カラシニコフ小銃)は独立への苦闘、独立にいたるまでの争いと自国を守る強い精神、政治信念として描かれている。鍬は自国の豊かな農業とそれをささえる農民の意味で、生きる本質としての農業、文化が描かれ、本は知性の必要性、教育の重要性をあらわしている。

国旗の特徴

中東・アフリカ圏で多く見られるカラーリングといえばカラーリングである。 黄色、緑色、黒色、赤色。ラスタカラーにプラス黒色。国旗を一見して「ああ、たぶんアレだな、暑い国なんだろうな」というのはたやすく連想できるカラーリングである。 カラーリングとともに、中東・アフリカ圏でよくみられる形態、デザインでもある。 国旗の左側に三角形を施し、そこから上下三列横ラインがのびるの構成。 三列横ラインの三色が上から緑色、黒色、黄色となっているが、その色の境界に白が施されているのが特徴といえる。赤い三角の中にはAK-47(カラシニコフ小銃)と鍬と本が描かれている。ここからは国のラン上までにいたる、その歴史における深い経緯や思想が感じ取れる。

国旗の色の意味

モザンビークの国旗の意味は国の歴史と思想がしっかりと組み込まれている。 まずは色、緑はモザンビークの自然、国土とみどりそのものの豊かさをあらわしている。緑を使う国の多くはやはり自国の国都や自然を表すことが多い。黒は大地、国土ではなく大地としてアフリカ大陸を示している。黄はモザンビークの豊かな鉱物資源をあらわしており、白は純白無垢な平和を、赤は固い意志として、独立への苦闘を象徴している。 赤色の上に描かれている紋章は黄色の星が国民の連帯と社会主義思想強く表現している。AK-47(カラシニコフ小銃)は独立への苦闘、独立にいたるまでの争いと自国を守る強い精神、政治信念として描かれている。鍬は自国の豊かな農業とそれをささえる農民の意味で、本は知性の必要性、教育をあらわしている。 モザンビーク解放戦線を経た時代の象徴として制定、デザインされたモザンビークの国旗にはさまざまな意味合いが含まれている。