ニジェールの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ニジェールの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ニジェール国旗イラスト素材などを解説いたします。

ニジェールの国旗

国名の正式名称

ニジェール共和国

ニジェールを表す漢字一文字

誕生年

1960

国旗の色の意味

オレンジは北部の砂漠と独立、白は平和と純潔、そして西アフリカの大河ニジェール川、緑は南部のサヘル地帯と農業を表します。中央の円は太陽の象徴であり、主権と自由を防衛する国民の決意を示しています。

国旗の特徴

インドの国旗とよく似ているものの、国旗の作成に当たって参考にしたわけではなく、特に関連性はありません。また、縦横比は伝統的に6対7とかなり正方形に近い旗ものが使用されていたようですが、実は縦横比は法律等で正式に定められてはおらず、近年のニジェール政府の公文書や大使館で掲げられる国旗には採用されていません(国際的なスタンダードとされる2対3が最も広く用いられています)。 独立2年前の1958年、ニジェールは自治権を獲得。翌1959年には現在の国旗を制定しました。オレンジは北部の砂漠と独立、白は平和と純潔、そして西アフリカの大河ニジェール川、緑は南部のサヘル地帯と農業を表します。中央の円は太陽の象徴であり、主権と自由を防衛する国民の決意を示しています。

ニジェールの地図

国旗の色(色番号)

#dc4904 #0ba924 #cac9c3 #5cc464

ニジェール国旗の意味や由来

ニジェール国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ニジェール国旗の由来

独立2年前の1958年、ニジェールは自治権を獲得。翌1959年には現在の国旗を制定しました。インドの国旗とよく似ているものの、国旗の作成に当たって参考にしたわけではなく、特に関連性はありません。また、縦横比は伝統的に6対7とかなり正方形に近い旗ものが使用されていたようですが、実は縦横比は法律等で正式に定められてはおらず、近年のニジェール政府の公文書や大使館で掲げられる国旗には採用されていません(国際的なスタンダードとされる2対3が最も広く用いられています)。

誕生した背景

西アフリカの内陸国ニジェールはかつてフランスの植民地でしたが、1960年に独立しました。北部を中心に国土の2/3をサハラ砂漠に覆われ、残る南部の1/3も砂漠化の危険性が極めて高いサヘル(草原)地帯ですが、世界でも指折りのウラン生産国であり、ウラン鉱石の輸出はニジェール経済において大きなウェイトを占めています。隣国ナイジェリアと同様、西アフリカの大河ニジェール(Niger)川から付けられた地名。ニジェールという表記はフランス語による発音からとられたもので、英語ではナイジェーもしくはナイジャーと発音される。ニジェールの由来はトゥアレグ語で「流れる川」を意味するn’eghirren(ンジェレオ)とする説が有力。周辺の黒人部族と関連付けてラテン語で「黒い」を表すniger(ニゲル)を由来とする文献があるが、これは後付の説明であり、本来の語源ではない。

国の特色・人種構成

特色:日本は国内の原子力発電で使用するウランの一部をこの国から輸入しています。

人種構成:総人口の9割が黒人諸民族で、ハウサ族が約半数を、ザルマ(ジェルマ)族が約2割を占める二大民族であります。他にフラニ族、カヌリ族、トゥーブー族、グルマ族などがいます。非黒人ではベルベル系のトゥアレグ族が1割近く存在するほか、アラブ人や、極少数のフランス人も居住しています。

ニジェール国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ニジェールのフリー素材1

ニジェール国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ニジェールのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。